自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 梅雨明け間近

学校長の部屋

梅雨明け間近

九州から東海地方までは、先週末梅雨が明けたもようと言われています。この「~もよう」という言DSC_0651.JPGい方は、以前梅雨明けを宣言した後にまた長雨が続き、実際には梅雨明けではなかったということからこのような言い方になったようですが、宣言は昔のように断定してもらったほうが梅雨明けを待ち遠しく思っている私としてはスッキリすると感じています。間違っていたのなら、あとで訂正すれば良いのではないでしょうか。これまでを調べても宣言を外したのは数回ですから、ほぼ正しいわけです。このように思っているのは私くらいでしょうか。

*************************

さて、連休も終わり、本日も生徒たちは元気に登校してDSC_0660.JPGおります。土曜日に関西FWから戻ってきた3年生たちも、疲れがとれたようで元気です。日曜日にはBSテレビで祇園祭の山鉾巡行の様子を生中継しており、見た生徒もいたことでしょう。自分たちの触れた風景がテレビから映し出されると、親近感が湧くと同時に懐かしさを感じたことと思います。また、巡行の山鉾から聞こえてくる祇園囃子の鉦のコンチキチンの音色に京都の風情を感じます。祇園囃子は、この鉦の音が特徴的ですが、実際には鉦と笛と太鼓の三楽器で構成されています。3年生が繰り出した祇園祭の宵宵山でも山鉾が四条通りにいくつも置かれ、そこで祇園囃子が聞こえていたはずです。DSC_0645.JPG彼らはこの連休を使って関西FWのまとめをしてきたはずですので、どのような視点でまとめたのか提出物がとても楽しみです。