自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 伊勢原・大山を世界に

学校長の部屋

伊勢原・大山を世界に

本日、答案返却2日目。昨日同様、生徒たちは返ってくる答案を眺めながら様々な表情を浮かべておIMG_1371.JPGりました。「過去と他人は変えられないが、未来と自分は変えられる」と、よく言いますので、ぜひ2学期に繋げてほしいと思います。

******************

さて、本日は5年生の海外フィールドワーク(FW)が目前に迫ってまいりましたので、関連する内容をお伝えします。海外FWでは、生徒たちはホームステイを実施します。ホストファミリーへのお土産などは個々に選んでいることでしょう(これから選ぶ生徒も多いと思います)。以前掲載しましたが、学校からは地域貢献として伊勢原・大山をPRしてくるミッションが生徒たちへ与えられます。本校では、1年次に伊勢原をフィールドとしIMG_1373.JPGてFWを実施し、自然・観光・産業・歴史などを調べています。そして、2・3年生では大山を中心に丹沢クライムを実施し、伊勢原の自然に触れて来ました。そして、5年生では集大成(?)として自分たちが親善大使になったつもりで、地元伊勢原・大山、そして日本の良さを伝え、2020年の東京オリンピックなどの機会にひとりでも多くの方が来日し、伊勢原・大山へ足を運んでいただくことを願います。

本日は、生徒の団長・副団長が伊勢原市長を表敬訪問し、市長から海外FWで伊勢原・大山をPRしてきてほしいと依頼文をいただきました。また、その際、伊勢原の英語版観光リーフレットや先日日本遺産に認定されたIMG_1378.JPG「大山詣り」の紹介文もいただきました。これらを持って生徒たちはホストファミリーの家に行くことになりますが、団長・副団長の生徒は『任せておいてください』と言わんばかりの表情を浮かべ、市長の言葉に耳を傾けておりました。

5年生全員がホームステイを実施しますので、中には団長・副団長とは違い不安な生徒もいることでしょう。その生徒たちのために、英文のほかに日本語版のリーフレットもいただきましたので、質問されたときのために事前にしっかりと内容を把握しておいてほしいと思います。返事をするのはもちろん英語となりますが・・・・。

IMG_1382.JPG海外FWが終了した後には、団長・副団長が胸を張って市長に報告ができるようになっていることを願っています。