自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 土曜日は企画が盛りだくさん

学校長の部屋

土曜日は企画が盛りだくさん

本日は平常授業の土曜日です。昨日のスポーツ大会の疲れが残るかと少し心配もしましたが、生徒たちは元気に登校し授業を受けていました。

IMG_1315.JPGさて、この3週間、教育実習を行ってきた卒業生5名が今日で最後となりました。3名は今日が研究授業ということで最後まで緊張していたようでしたが、しっかりとやり切ってくれました。クラスの最後のホームルームではそれぞれ生徒が用意してくれた色紙などをもらい、思わず泣きそうになったという実習生もおりました。本当の教師になるのはこれからが正念場です。しっかりと勉強し、採用試験に臨んでほしいと思います。まずは、お疲れ様でした。

******************

また、土曜日の午後ということで、様々な企画が実施されていました。4年生全員は、卒業生による「職業セミIMG_1318.JPGナー」へ参加しました。昨年3年次には保護者による「職業セミナー」に参加しましたが、後期課程となり文理選択も近づく中で先輩たちがどのような人生の選択をしているのかを参考にさせていただこうというものです。様々な職種の10人の卒業生が後輩のためにブースを開いてくれました。たまたま自修会(本校同窓会)の役員会があったということで、10名とは別に自修会会長の1期生が会に先立って挨拶をしてくれました。彼(1期生)は今年30歳になり、現在大学にて准教授をしています。この4月から大学のクラス担任を持つことになったということで、「学生になぜ○○大学の○○学部を選んだのかなどを聞いても、はっきりと答えられない者もいIMG_1323.JPGる。きみたち15期生には、こんな大人になりたい、こんな仕事をしてみたいなど、今は完璧ではなくてもいいので、こういう機会にぜひ考えてみてほしい」と話してくれました。生徒たちも義務教育をこの3月で修了しましたので、自分の人生を自分で考えなければという顔になってきたと思います。先輩たちはきっと優しく話してくれたことでしょう。

4年生が職業セミナーを実施している時間に、5年生たちは「海外FW(フィールドワーク)事前学習」として、旅行会社の方からカナダについて学びました。本来、本校はEUコース(イギリス・フランス)とUSAコース(ボストン・ニューヨーク・ワシントン)の選択にて全員が参加して実施してまいりましたIMG_1329.JPGが、昨年の11月のフランス同時多発テロ以降の世界情勢を考慮し、今年度はカナダコース(ヴィクトリア・バンクーバー・ウィスラー)へと全員で変更しています。本日はカナダのモントリオール出身のネイティブの先生に来てもらい、カナダの特徴や知っておいたほうが良いことなどをクイズ形式も交えてオールイングリッシュで楽しく教えていただきました。5年生たちも1ヵ月後に迫った海外FWへ向けて、実感が湧いてきたことでしょう。

******************

平常の土曜日授業ですが、本校の土曜日の午後には企画が満載です。様々な角度から生徒たちの興味関心を掻き立てています。その中で自然と自主性自立心が培われてIMG_1334.JPGいくのだと思います。来週の土曜日(28日)は、「第1回学校説明会」「理科実験教室」を在校生平常授業と並行して実施します。在校生たちにとっても、校舎見学時などに一般の方にお会いすることがあり、その対応を学ぶ良い機会でもあります。

平常授業でも、変化のある土曜日はこれからも続きます。