自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 中庭花壇の植え替え

学校長の部屋

中庭花壇の植え替え

今週は20日(金)に「スポーツ大会」を実施するため、授業は40分で行い6時間目が終わった後、7時間目に各色組ごとの種目練習や応援練習が応援団長を中心に行われていきます。これは月~木曜日まで続きます。本番では若さ溢れる様子を観られるのを楽しみにしています。

IMG_1112.JPGさて、土曜日の本ブログにて予告いたしましたように、本日は土曜日に行われた活動の中から「中庭の花壇の植え替え」について掲載いたします。創立6年目のことですが、なかなか学校へ来られないお父さんたちも一緒に学校をよりよくしていきたいと考えてくださり「おやじの会(有志の会)」が立ち上がりました。そして、「まず手始めに何をしよう」となった際、職員室前で校舎の真ん中に位置するベランダが殺風景であったのが目に留まりました。お父様方も「力仕事は任せてくれ」ということから中庭を造ることに決定し、年に春・秋の2回実施するようになりました。ただ、お忙しいお父様方ですから、なかなか集結することができず、お母様方が一緒IMG_1117.JPGに手伝っていただけることとなり「おやじたちの会」と名称変更し、多くのお母様方の協力を得ながら実施してまいりました。そうしていると、学校の環境整備なのに保護者だけにお願いしていていいのかという生徒たちの中にも声があがり、環境委員会の生徒たちが参加するようになっていきました。そんな歴史を持つ「中庭の花壇の植え替え」です。

この中庭は、ホームルーム教室のある各階の廊下から見下ろすことができ、勉強に疲れたときなど心身の癒しへと利用されています。本校の6年生(受験生)たちは、ときおり勉強の合間に中庭に出てベンチに座り、休憩することもあるようです。教員たちも狭い部屋で話さず、IMG_1122.JPGあえて中庭のベンチに座って生徒と語っていることもあります。本当に自然な憩いの空間として誰からも好まれていると思います。

今回、1年生の保護者の方がとても多く参加してくださり、植え替え作業も一段とスムーズに終了することができました。中には在校生の弟・妹も一緒に手伝ってくれる姿があり、とても微笑ましく映っておりました。これからは、環境委員が毎日の水遣りや定期的な花がら摘みを行いながら、憩いの空間を維持してくれることでしょう。植え替えのあとは、みなさん達成感に浸りながらお菓子とジュースで会話にも花を咲かせておりました。

本校へお越しの際は、保護者と生徒・教員が協力して整備した中庭をぜひご覧いただければと思います。

IMG_1113.JPG