自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 部活動へ体験入部

学校長の部屋

部活動へ体験入部

朝方降っていた小雨も生徒が登校してくる頃にはあがり、通学には支障がなくホッといたしました。IMG_0782.JPGそれというのも、1年生たちは身体がまだ小さいため鞄が大きく見え、傘を差すとたぶん邪魔になる生徒が数人いそうだからです。例年夏が過ぎる頃には全く気にならなくなるのですが、梅雨時期を少し心配するところです。

************************

さて、本日は1年生たちの部活動について記載したいと思います。6日に新入生歓迎会で各部が部活紹介を実施しましたので、1年生たちもどのような部があるのかは分かったことでしょう。しかし、見るとするのでは大違いということもありますので、実際に体験するのが一番だと思います。平常授業がスタートした今、いよいよ部IMG_0791.JPG活動見学と体験入部のスタートです。1年生たちがどのように行動しているかが気になり、放課後に体育館を中心に見て回りました。すると、男女バスケットボール部や水泳部、卓球部、バドミントン同好会に真新しい体操服の生徒たちが先輩に交ざって活動しているのが目に入りました。よく見ると、1年生担当(?)の上級生がどのように動けばよいのか優しく教えている姿がありました。ついこの間まで先輩にくっついていくだけで精一杯だった生徒が1年生に教えているのを見ると、確かな成長を感じます。1年生たちは、実際に活動している者もいれば周りで制服のまま見学している者もいます。そんな1年生たちにどの部に入部するつもりか尋ねてみると「バスケットとテニスで迷っています」「水泳部に入りたいです」「まだ決めていません」など、様々な答えが返ってきました。どの生徒も見学している顔は明るく楽しそうでしたので、これからの部活動に期待している気持ちが表れていたように感じます。上級生は「このあいだはもっとたくさん見学IMG_0785.JPGに来ていましたけど、少なくなってしまいました。たくさん入ってほしいですけど...」など、仮入部期間が終わる連休明けが心配と考える生徒が多かったようです。やはり、少しでも多くの1年生に入部してもらい活気のある部活にしたいという気持ちは上級生共通のようです。

きっと、これから1ヶ月ちかく部員の争奪戦が繰り広げられることでしょう。この売り手市場は今年の就職活動に似たところがあるように感じられます。1年生たちにはよく吟味し考え、5年間(6年目は引退)しっかりと続け通すことのできる部活を選んでほしいと思います。