自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 防災訓練

学校長の部屋

防災訓練

昨日、午前中は平常授業を実施し、午後は防災に関する確認と避難訓練を実施しました。行政などでIMG_0777.JPGは9月1日に防災訓練を実施することが多いのですが「天災は忘れた頃にやってくる」と言うように、いつ大きな地震が発生するか分かりません。首都直下型地震や南海・東南海トラフ地震が心配されている今日ですから、「備えあれば憂いなし」です。

本校では新入生が入学したばかりだからこそ毎年この時期に実施し、不測の事態が発生したとしても全員が慌てず対応できるようしておきたいと考えています。まず、地震発生時の対応について確認します。交通機関が麻痺したときには、帰宅方向が同じ生徒(1~6年生)をエリアごとにグループを決め、一度集合してお互いを確認します。歩いて帰宅できる場合は上級生が下級生を引率してもらう場合があるからです。また、歩いて帰れない場合、体育館に集合した際、メンバーの確認をすることがスムーズにできます。その確認が終わったところでクラスごとにHR教室へ戻り、地震発生(放送)となります。予告なしに実施することにも意味はあると思いますが、しっかりと訓練のIMG_0768.JPG意味を確認して実施するほうが動きの意味がより伝わると考えます。

また、今回は初めてお隣にある姉妹校の向上高等学校と同時に実施しました。これまでは別々に行っていたのですが、実際に不測の事態へは一緒に対応することになるわけですから、より現実的な訓練となったと思います。身の安全を第一に考え、避難する場所は自修館グランド・向上グランドのどちらかを選択するようになりました。もちろん、お互いの学校の生徒が同じグランドに入り混じることになります。実際に行ってみると、両校の生徒とも「お・か・し・も」の基本行動をよく守り、しっかりと対応できていたと思います。こうして一度実施しているといないでは大きく違うと考えますので、今回合同で行えたことには意義がありました。

*********************

その後、二次避難として、生徒たちはそれぞれの学校のグランドへ移動し最終確認を行いました。そのとき私からは「このような訓練を実施することで実際の動きをシミュレーションしてほしい。また、これを機に家族との連絡方法や集合場所を話し合っておきましょう」と話しました。そして、「つい最近、鎌倉市が津波を想定したCGを公開しました。観光地であるため、あのようなCGを出せIMG_0773.JPGば観光客が減るかもしれないが、大切なことは人の命を守ることです。だから、起こりうるという知識を持っていてもらいたい、そのときどのように行動すべきか考えておいてほしいと警鐘をならしたのだと考えます。みなさんも地震などの天災が起こるかもしれないではなく、いつか必ず起こるとして準備し、自分の身を守れるようにしておきましょう」と話しました。

ぜひ、皆さんもこのブログをお読みになった今、ご家族と「そのとき」どう対応するのかを確認してみていただきたいと思います。

(※校内のつつじが咲き始めました)