自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 入学予定者登校日

学校長の部屋

入学予定者登校日

昨日、ブログを掲載できず失礼しました。18日には19日・22日に今年度のブログを掲載すると言っておきながら、申し訳ありません。実は、私がギックリ腰になってしまい、昨日は身動きがとれず学IMG_0091.JPG校へ来ることができませんでした。発熱くらいでは欠勤したことがほとんどないのですが、ギックリ腰がこれほどのものとは思ってもみませんでした。情けない限りです。そのための代替ではありませんが、本日なんとか動けるようになりましたので、本日の入学予定者(18期生)登校日について掲載したいと思います。

**************

会が始まる頃はまだ少し雨の残る生憎の天気と思われたのですが、終了して帰られる際には雨もやみ、薄日も差す暖かな日となり、これからの彼ら(18期生)の前途を明るく示してくれるようでした。この入学前登校の目的は、①入IMG_0094.JPG学後の学校生活が円滑に進むよう生活の約束ごとなどを保護者・教員が共有すること、②生徒の入学への思いを高めること・入学式の練習を行うことなどが挙げられます。

まず、学年スタッフ(担任団)を紹介し、そのあと本校お馴染みの机・椅子の組み立てを行いました。この机・椅子は、入学後6年間ずっと同じ物を使い続けることになります。愛着がわき、物を大切にする心に繋がると考え、自ら組み立ててもらうわけです。椅子から作る家庭・机からの家庭、子どもだけで行う家庭・親子共同の家庭・親だけが行う家庭と作り方も様々です。私からは「生徒の主体性をこの6年間で培っていきますから、これからはなんでもやってあげることは控えましょう。本人からお願いされたらその程度を考えて手を貸してあげてください。」と伝えました。また、生徒たちには挨拶の大切さを話し、3回ほどやり直しをしてもらいました。「挨拶は相手の存在を認めることであり、認められることです。挨拶をしないことは相手の存在IMG_0102.JPGが無いものとすることに繋がります。保護者の皆さんもこれからお子さんたちは思春期に入りますが、様々な挨拶を続けていきましょう」と付け加えました。

生徒たちは保護者会と並行して入学式準備を実施しました。式の内容確認を中心に入場・退場練習なども行ったことでしょう。その内容はここで掲載してしまうと入学式当日の感動が薄まってしまうといけませんので、お楽しみとさせていただきます。

**************

約2時間の保護者会でしたが、保護者の皆さんも本当に真剣に話をお聞きくださり、期待の大きさをとても強く感じまIMG_0103.JPGした。子どもが大人に大きく変わる6年間ですから様々なことがありますが、その都度しっかりと寄り添いながら6年間でしっかりと自修館生に育ててまいります。そして、最後に話したのですが、保護者の皆さんもお子さんと一緒に入学したつもりになってこの6年間(保護者参加のセミナー・行事も多数あります)をお楽しみいただきたいと思います。

それでは、4月5日の入学式でお会いしましょう。