自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > スキー教室最終日

学校長の部屋

スキー教室最終日

本日も気持ちの良い快晴の一日となりました。スキー教室も最終日のバッヂ検定実施となりますが、ゲレンデも快晴で検定を行うには最高のコンディションだそうです。現地の教員の話しでは「天気がIMG_9453.JPG良すぎて雪目にならないかが心配です」とのことでした。今日の午前中で最後ですから、ぜひ最後まで良い体験をしてきてほしいと思います。このスキー教室の様子を毎日本校HPのJOIN内のニュースで保護者にお伝えしています。写真も一緒に掲載されていますから、まだご覧になられていない方はぜひご確認ください。スキー教室での生徒たちの伸び伸びとした様子が良く分かることでしょう。夕方には戻ってきますから、楽しかったお土産話を聞いていただきたいと思います。(※一般の方にはご覧いただけません。申し訳ありません)

さて、5年生たちはと言うと、1・2時間目に講座を実施IMG_9826.JPGし、3・4時間目には生徒たちが企画したスポーツ大会を行いました。自分たちしかいない学校で勉強と気分転換を上手に行っていこうということでしょう。また、みんなで団結してこれから一年間の受験を遣り通すための「チーム13期生」を確認する時間にするという目的もあったと思います。私は会議もあり観戦に行けなかったのですが、生徒たちの運営で大いに盛り上がったという報告を受けました。彼らは、5・6時間目の時間を使って、20日に予定されている新入生入学前登校の会場設営も手伝ってくれました。5年生ともなるとほぼ大人の力になっていますから、準備が本当に速く進みました。あDSC04921.JPGりがとう。

****************

話は変わりますが、私の中でひとつ気になっていたことがありました。それは、スキー教室出発の際、4年生女子が見送りの私に「先生、NHKの放送見ました」と言って出かけていったのです。私は東日本大震災の特集の「風の電話」について3月11日に本ブログに掲載しましたので、その瞬間はそのことだと思ったのですが、わざわざそのことを私に伝えるかなと気になっていたのです。本日、その疑問が解けたように感じました。それと言うのも、本学園の事務職員の女性が「先生、3月11日DSC04964.JPGにNHKの東日本大震災特番を見ていたら、なんか自修館の制服と似た制服を着た子達が出てきたんです。それで、よく見てみるとテロップに神奈川県伊勢原市自修館中等教育学校とあったので、やっぱり自修館だったんだって、びっくりしました」と今朝話してくれたのです。その映像は内容からすると、昨年4月に岩手県宮古市立田老第一中学校が本校を訪問してくれた際の交流の様子だったようです。今朝、女性職員に話を聞くまではその映像が流れたことを恥ずかしながら知りませんでした。ですから、このような交流を今後も続けていくこと、忘れてはならないことを生徒たちに紹介することがDSC05828.JPGできず、申し訳ない限りです。

でも、この4年生のように震災を風化させないためにも意識して特番を見ようとしてくれた生徒が他にもきっと大勢いたと信じています。4年生の女子は、きっと私も知っているのだろうと思い声をかけてくれたのでしょうね。

(※スキーの写真は昨年度のものです)