自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > GTEC 実施

学校長の部屋

GTEC 実施

本日、2~6年生の生徒たちはGTEC for STUDENTS(以後、GTEC)のテストを受けました。これは、「聞く」「読む」「書く」の3技能を測るスコア型英語テストです。グローバル化が当たり前のようIMG_3327.JPGに語られる昨今ですから、英語をどの程度ツールとして使えているかを知る指標として導入しています。これは、入試で必要な英語力はもちろん、留学や就職のためにも使える英語力を確認することのできるテストです。技能別の英語運用力を絶対評価で示すので、英語力の伸びも実感できます。また、継続的に受験することで「過去の自分からどれだけ成長したか」を数値で把握できるため、本校では毎年継続実施しています。昨今、大学入試における英語の受験にも英語検定、GTEC、TOEIC、TOEFLなどのスコアがオフィシャルスコアとして適応されており、大学によっては一定レベル以上は英語試験が満点に換算されたりするなど変化してきています。ただ、GTECには英語の4技能のうち「話す(Speaking)」がありませんでした。ベネッセもこの部分に着目し、昨年「GTEC Speaking」という検定を発表しています。

IMG_3422.JPG本校では、学校外検定として英語検定・GTEC(全員ではありませんが、GTEC Speakingも実施しています)を採用しています。GTECは英語検定のように受験級ごとの合格・不合格が出るわけではありませんが、7つのグレードに分かれスコアとして算出されるため自分のレベルを知ることができます。難易度はAdvanced、Basic、Coreの3タイプから選べるのですが、本校では2年でCore、3・4年でBasic、5・6年でAdvancedを選択しています。

それぞれの生徒が昨年のスコアを意識し、ひとつ上のグレードに達成できるよう頑張っておりました。GRADE5IMG_3619.JPG(スコア520~609)レベルが高校英語上級程度となり海外の高校の授業に参加できるくらいという目安になっていますので、先週まで海外FWに出かけていた5年生あたりは、これ以上を目指していたのではないでしょうか。また、7月末からオーストラリア短期研修に参加する生徒たち(4年生)もGRADE3(高校英語初級程度)・GRADE4(高校英語中級程度)以上を考えてくれていたことでしょう。

結果は夏休み明けとなりますが、個々でどの程度スコアアップしているか楽しみなところです。

(※写真は先週までの海外FWの様子です)