自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 6年生の教室

学校長の部屋

6年生の教室

本日、第3学期期末考査2日目です。生徒たちは今日も集中して問題に向かっていました。

_MG_9693.JPG試験中に校舎内を巡回していると、当たり前ですが3階から5階までのすべてのHR教室で生徒たちは静かに問題を解いていました。なぜこのような書き方をしているかと言いますと、実際に期末考査を実施しているのは1~5年生であって6年生は臨時時間割の授業を実施しているからです。センター試験まで1ヶ月となってきていますので、6年生たちの教室では演習を中心に行なわれていますから、期末考査を行なっている他学年と同じような真剣さ・緊張感のある状況が伝わってきます。また、6年生たちの教室前の廊下には模擬試験の結果や大学の様々な資料が掲示されており、毎年のことですがそこだけは異空間のようにも思えます。彼らにとっての今年のクリスマスや冬休み・お正月は例年とは違い、ほんの少し休憩するだけという感覚でしょう。様々な葛藤があると思いますが、受験が終わった後の本当の意味でのお祝いを迎えられるよう、自分自身に打ち勝ってもらいたいと願います。そのときには、DSCF9471.JPGきっと一回りも二回りも人間的に大きくなっていることでしょう。「受験は子どもを大人に成長させる」とも言われますので、その成長の機会を大切にしてください。

下級生たちも期末考査を受ける気持ちで平常時から6年生たちのように授業に臨んでいれば、きっと自分自身がさらに大きくなっていくことができると思います。ぜひ、4学期から意識をしていきましょう。