自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 3年生関西FWの予告

学校長の部屋

3年生関西FWの予告

本日も蒸し暑くなってきています。こまめに水分を補給し、熱中症などにならないよう自己管理をしIMG_0973.JPGましょう。

さて、明日は私が出張のため本ブログを休載といたしますので、本日は明後日から実施する関西フィールドワーク(FW)について掲載いたします。

毎年3年生たちが古都京都・奈良を訪れ、日本の歴史・寺社仏閣や習慣、産業などについてフィールドワークをしています。2泊3日のFWですが、生徒たちが自分たちで決めた行程にそってほとんど全て動きます。1日目は奈良へ行き、全員で日本最古の木造建造物である法隆寺を見学し、その後東大寺からグループ行動を実施します。ほとんどの班が東大寺・興福寺・春日大社、奈良公園の中から訪問地を選択し、東大寺の駐車場に戻ってきIMG_0986.JPGます。そして、一路京都へ向かい2泊お世話になる旅館に入ります。1日目の夜は、京都で一度は会ってみたい「舞妓さん」の舞踊を見学し、質疑応答にも応じていただきます。毎年、女生徒からは「素敵」「綺麗」などの声が漏れ聞こえます。質問をするのも女生徒が圧倒的に多いところからも、関心の高さが窺えます。

2日目は、班ごとに事前にアポイントメントを取っている大学や企業・公共施設などを訪問し、様々なお話を聞かせていただいたり、見学させていただいたりしながらFWを行います。もちろん、内容は班毎にまとめていくことになります。余談ですが、先週までアポイントメントをとるために職員室にて企業などに電話をかけているIMG_0961.JPG生徒の姿が頻繁に見られました。班の相談に乗っている教員も大変で、生徒が電話をしたあとに改めて学校として依頼状を送付したりしています。

そのFWが終了すると、2日目の夜には生徒たちも楽しみにしている祇園祭へと繰り出します。多くの生徒は浴衣を持参したり、レンタルしたりと、浴衣姿で風情のあるお祭に溶け込んでいきます。なかなか味わえない思い出に残る時間だと思います。

そして、3日目は班毎に寺社仏閣を中心に京都市内を左京から右京、嵐山・東山・伏見、遠くは宇治まで自分たちが計画した行程どおりに行動します。最終日と言うこともあり、新幹線の時刻が気になるところですが、毎年DSCF8515.JPG生徒たちに任せています。これまでは集合時刻に間に合わなかった班はほとんどありませんので、今年も班長さんを中心にきっとしっかりとしたFWを実施してくれることでしょう。

*******************

海外FWに続き、この関西FWへも私は同行することになっていますので、現地から本ブログを掲載していきたいと思います。どうぞ、楽しみにしていただきたいと思います。

(※写真は、昨年の関西FWの様子です)

DSC04007.JPGIMG_1070.JPG