自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > バンクーバー GFW

学校長の部屋

バンクーバー GFW

本日もバンクーバーは快晴の1日でした。この海外FW中、本当に良いお天気に恵まれています。昨日DSC_0410.JPGのウィスラー観光では、あとからガイドさんに聞いたのですが、ウィスラーがこんなに天気の良いのは6月になって初めてだったそうです。前々日には雹が降ったほどだったとのことでした。 今日はヴィクトリアに続き2回目のグループフィールドワーク(GFW)です。ヴィクトリアとは都市の大きさが比べものになりませんので、バスや電車に乗る班が多くなります。キャピラノ渓谷、水族館、美術館、サイエンスワールド、スタンレーパークなど、班ごとの行動計画通りに動くため、朝食を取ったあとはDSC_0444.JPGメンバーの揃った班から出発して行きました。私は午前中本部待機のためホテルにいたのですが、午後からはウィスラーで行動をともにした班に合流し、美術館へ向かいました。美術館ではピカソ展が開催されておりました。ここである女子生徒が「私、今回のFWで一番行きたかったのがここなんです。ピカソの実際の絵を見て本当に感動しています」と、興奮して話してくれました。彼女は将来美術系に進路を考えているようで、さらに気持ちが強くなったようです。きっとこのFWで自分の将来と向きDSC_0452.JPG合えた生徒たちが多くいたことでしょう。 GFWから全班戻ってきてから制服に着替えて、FW最後の夕食に出かけます。最高の思い出作りにと他のホテルにてフランス料理のコース料理をいただきました。制服を着ると雰囲気が変わり、ガイドさんからも「素敵な制服ですね。紳士淑女と言う言葉が似合います」とお褒めの言葉をいただきました。料理を食べる姿は、確かに品が感じられました。デザートが出てきた時、ひとりの生徒が司会台に立ち、サプライズの誕生会が始まりました。このFW中に誕生日DSC_0480.JPGを迎えた6名の名前が呼ばれ、各班の班長からプレゼントが渡され、バースデーケーキが用意されると、会場全体がHappy birthdayの大合唱が起こりお祝いをしました。彼らは、忘れられない誕生日になったことでしょう。 ディナーが終わると、FW最後の思い出作りにスタンレーパークに出かけ、バンクーバーの夜景を堪能しました。生徒たちは「帰りたくない」「今度、また絶対来るぞ」など夜景に向かって話していました。 明日は、いよいよ帰国です。元気に帰りたいと思います。 ※番外編 今、バンクDSC_0476.JPGーバーに留学している生徒が1日GFWに合流してくれました。彼女は、この学年の生徒で、この春に1年間の留学に出ています。久しぶりに会う友達と再会を喜んでおりました。あと9ヵ月ありますが、頑張って欲しいと願います。 写真は、彼女が所属する部活の顧問とのツーショットです。 DSC_0425.JPG