自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 本選への道

学校長の部屋

本選への道

本日は昨日とは違い、秋らしい爽やかな空気を感じられました。しかし、「天高く、馬肥ゆる秋」と言いますが、天高くと感じるまでにはもう少しかかりそうな空でした。これから徐々に秋が深まっていくことでしょう。

IMG_1873.JPG*************************

さて、「探究文化発表会」「文化祭」まで、ちょうど2週間となりました。そこで、本日は個々がテーマを決めてプレゼンテーションしていくことについて触れたいと思います。本校には27のゼミがあります。1年生たちはクラスで班に分かれてのグループプレゼンテーションとなりますが、2・3年生たちはゼミに配属されており、その中で個々にプレゼンテーションを実施します。1年生たちは来週学年での発表があり、本選代表が決まります。2・3年生たちは27のゼミ代表(27名)が決まり、今週の放課後から本選に向けての最終予選が始まっています。この最終予選は、4名の教員の前でひとりずつプレゼンテーションを行います。会議室の中に生徒は自分だけという環境になりますから、その普通ではない緊張感は推察できます。校長室の隣が会議室ですので、自分の順番を待っている生徒の様子が良く分かります。原稿を何度も何度も独り言のように繰り返す生徒、順番待ちのために置かれた椅子に座りじっと目を閉じている生徒、みんな自分を落ち着かせようと必死です。順番が来た生徒は中にIMG_1878.JPG入りプレゼンテーションを行うのですが、発表の後には質疑応答の時間が待っています。実はこちらも大きな意味があります。本人が発表しているのにどれだけ答えられるか、理解しているかが見られるわけです。質疑応答に原稿は役立ちません。緊張が最高潮に達する瞬間だと思います。

こうして最終選考が行われ、27名中9名が本選に進みます。毎年、本選に進んだ生徒たちのプレゼンテーションは見事なものですので、今年も楽しみにしていたいと思います。一般の皆さんにも一部をご覧いただけますので、どうぞご期待ください。