自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 生徒会とのランチミーティング

学校長の部屋

生徒会とのランチミーティング

本日、会食の時間に生徒会本部役員と教員とのランチミーティングが行われました。参加者は、校長・教頭・生徒会担当教諭・生徒会本部役員のいつものメンバーに、今日は「探究文化発表会・文化祭実行委員長」と「合唱コンクール実行委員長」も加わりました。

IMG_4622.JPGまずは、探究文化発表会・文化祭実行委員長より報告がされました。全体をまとめることの大変さ、責任の重さを痛感したという感想の後に、来場者数が目標である2000人を達成できたこと、文化祭部門の売り上げの純利益、実際に実施しての反省点、そして今後についてなどが語られました。特に、反省点としては探究エリアでの飲食禁止が徹底できなかったこと、探究部門への呼び込みに工夫が必要ということがあげられ、来年度へしっかりと引き継いでいくという言葉がありました。

続いて、合唱コンクール実行委員長からは来週に迫った本番へ向けての意気込みと、今年度新たに実施していることの報告、IMG_4624.JPGここまでの進捗状況、服装・マナーなどの注意事項などが話されました。懸念される点は、自由曲の選択肢が変更になり、1クラスの演奏時間が長くなってしまい終了時間が遅くなってしまうのではということです。会館の退館時刻が18:00となっているため係生徒を増やしているが、そこまでに片付けが終わるかが心配だと言っていました。全体へ協力を呼びかける必要がありそうです。

また、生徒会からは赤い羽根共同募金の実施期間の連絡がありました。今回、実施期間に合唱コンクール当日が含まれるため、会館にて来場された保護者の方にも協力を呼びかけたいとのことでした。それから、先日実施された生徒会本部役員選挙についての報告がありました。嬉しかったのは、現本部役員が今回の立候補者全員を集め、落選した生徒へも当選者の前で実行委員などIMG_4621.JPG様々な形でぜひ協力をしてほしいと呼びかけ、次期生徒会役員たちとの一体感を作ってくれたことです。学校づくりに役立ちたいと言ってくれた生徒たちですから、ぜひ一緒にお願いします。

*************************

このように、ランチミーティングでは生徒会・行事などの状況報告と確認が常に行われています。彼らは、いつもしっかりと資料を用意しミーティングに臨んでくれます。本当に一生懸命頑張ってくれているのが分かります。これからも開かれた生徒会であり続けるために、ランチミーティングの内容などもぜひ全校生徒へなるべくリアルタイムで伝えていって欲しいと思います。