自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 次期生徒会本部役員決定

学校長の部屋

次期生徒会本部役員決定

先日より生徒会役員選挙について立会い演説会・政見放送を実施しているとお伝えいたしましたが、DSC01856.JPG昨日、全校生徒による投票が行われました。投票はお昼休みと放課後の2回に分けて実施しました。来年夏の参議院選挙より18歳から投票できるとあって演説会・政見放送など考える機会を作ってきましたが、今回も受付・投票用紙記載・投票という実際の選挙の流れで行いました。もちろん、選挙管理委員が投票所を管理・立会いしています。投票箱は、毎年のように伊勢原市選挙管理委員会から実際の選挙で使用する物をお借りしました。

そして、本日の朝、投票結果が学生ホールのプラズマディスプDSC01902.JPGレイにて発表されました。会長は信任投票でしたが、多数の信任を得ることができ、みごと当選しました。後期課程生3名には男子2名・女子1名が、前期課程生2名には女子2名が当選し、会長を含め男子3名・女子3名の次期生徒会役員が決定いたしました。彼らは来年の4月から1年間の任期となりますが、これから3月までは現生徒会役員の活動を補助し、スムーズに引き継げるようにしていきます。ぜひ、頑張ってほしいと思います。

また、今回残念ながら当選できなかった生徒たちにも、良い学DSC01876.JPG校・生徒主導の学校づくりにぜひ力を貸してくれることを切に願います。そして、今回投票した全ての生徒会員には、リーダーたちだけに任せず自分たちが積極的に生徒会活動に協力するという当事者意識をしっかりと持って欲しいと思います。J・F・ケネディ元大統領は就任演説に「国家が諸君(国民)のために何ができるかを問わないで欲しい、諸君が国家のために何ができるかを問うて欲しい」と語りましたが、私は「生徒会本部が生徒会員のために何ができるかではなく、生徒会会員が生徒会(全体)のために何ができるかを考えて欲しい」と自発的行動に期待したいですね。