自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 立会演説会

学校長の部屋

立会演説会

本日、40分授業の6時間を実施した後、第16期生徒会本部役員選挙への立候補者による立会演説会が行われました。

IMG_4582.JPG本校の生徒会本部役員は、前期課程生2名・後期課程生3名+会長(後期課程生)の6名で構成されます。そのため、投票日に全校生徒は前期生と後期生の両方に投票権を持っています。もちろん、6年生たちも本日の立会演説会に参加し投票も行います。自分たちが先輩たちから受け継いだ伝統、さらに築いてきた伝統をしっかりと引き継ぐため真剣に考えてもらいます。5年生たちは立候補することができませんので、気持ちは6年生たちと同じかもしれません。今年初めて実施した文化祭をさらに自修館らしくしてほしいという願いも持って後輩たちの話を聞いていたことでしょう。

IMG_4583.JPG今回、立候補者は前期課程4名、後期課程9名、会長1名の計14名でした。そして、全ての立候補者がしっかりとした演説を行ないました。全校生徒の前で話す機会はステージプレゼンテーションなど何回もあるのですが、それでも自分の公約を話すのは緊張するはずです。本当に全員立派でした。

演説の中で何度も出てきた言葉は「生徒主導」でした。委員会の活性化や他校との積極的交流、行事のクオリティーをあげる、情報を共有し開かれた生徒会にするなどたくさんの公約が話されましたが、生徒みんなで一緒にやっていきたいという思いが感じられました。そして、ほとんどの立候補者が自修館のIMG_4600.JPGことが大好きだからさらに良い学校、誇れる学校にしようというメッセージが伝えられていたと思います。会場の生徒たちもメモを取るなど真剣に演説を聴いていました。私も公約などをメモに取りながら聴いていたのですが、できることなら全員本部役員にしたいほどです。

投票は来週行われるのですが、それまでのあいだ選挙活動をして良いことになっていますから、実際にどれだけの行動力を示してくれるかも楽しみです。全校生徒には本日の演説とこれからの行動を見て判断し、人の意見に左右されず、自分の意思で投票してほしいと思います。