自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > カウントダウン始まる

学校長の部屋

カウントダウン始まる

いよいよ、探究文化発表会・文化祭を開催する週となりました。週間天気予報では、今週は雨マークがなく爽やかな秋晴れとなるようですので、予報が当たることを願っています。

DSC04475.JPG準備も着々と始められています。先週の土曜日(生徒休校日)には、学校説明会が終わった午後、体育館のステージ係の生徒たちが照明や音響などの打ち合わせを夕方まで行っていました。また、昨日の日曜日にも登校して準備をしている生徒たちもいたようです。本日の朝出勤してみると、エレベーターの周りが綺麗にダンボールで養生されていました。物品運搬の際、傷つけないようにするための工夫です。土曜日の帰りには無かったはずですから、昨日係の生徒が行なってくれたのでしょう。こうした細かい作業があって、華やかな当日を迎えることができるということを一般生徒は忘れてはいけませんし、知っDSC04465.JPGていて欲しいと思います。

本日の放課後もそれぞれの係が責任をもって動いています。装飾係は飾りを用意していたり、バザーの係はバザー物品に埋もれるようになりながらも一つひとつ整理していたりします。同じ係の生徒同士が「ここに○○を飾ろうか」「模造紙に△△を描いたらどう」など、お互いが楽しそうに話し合いながら準備を進めている姿が見られ、本当に生徒主導で動いているのを感じることができ、嬉しく思います。

しかし、全てが順調というわけではないようで、廊下で話していた生徒会役員からは、「先生、あと2週間の準備がほしいでDSC04472.JPGす」などと少し本音(弱音)とも取れる言葉がありました。本番当日から逆算して、何日前・何ヶ月前までに何を行うということも計画してきていたはずですが、ここへ来て計画通りに進んでいない、計画の立て方が甘かったなどが露呈されているようです。でも、探究文化発表会と文化祭の同時開催という初めての企画ですから、実際に動き始めてみないと分からないことも多々あるのはしかたのないことです。生徒会本部には現状で何ができていないか、遅れているかをしっかりと把握し、実行委員やそれぞれの係同士が補い合えるようコーディネートすることを心掛けてほしいですね。

今週は、準備の様子を少しずつお伝えしていきたいと考えております。