自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 秋の授業参観

学校長の部屋

秋の授業参観

本日は、在校生保護者による秋の授業参観日です。

DSC04383.JPG本校では5月と10月、年2回授業参観日を設けています。5月は年度が始まって一ヶ月が過ぎ授業も本格的となります。そして、10月は年度の後半(本校の3学期)が始まる節目の時期です。それぞれの時期に授業参観を実施することによって、学校の取り組み・授業の様子を保護者の皆様に確認していただいています。日程的には、今年は5月が金曜日・土曜日の2日間、10月は月曜日1日とし、違う曜日の授業を観ていただくようにしています。これは、数年前に保護者の方から「土曜日も働いていると参観ができない。違う曜日にも実施して欲しい。」という要望にお応えしています。ですから、これまでも5月に土曜・月曜、10月が水曜などということもありました。

参観数は、年度の最初ということもあり5月のほうが多くなります。それは学年が上がるにつれて顕著に表れています。先の秋休み中に全ての学年で保護者面談(学年・クラスによっては三者面談)を実施していることや単純に土日でないためということ、子どもたちとの関係(親離れ・子離れ)などが理由に挙げられます。

*********************

_2233650.jpgさて、今回月曜日ということもあり、私の1年生セルフサイエンス(SS)の授業も参観していただきました。5月には何度か実施していますが、10月の授業参観日にSSの授業があたるのは初めてのことのように思います。1年生4クラスを1・2・5・6時間目に実施したのですが、最後の6時間目まで多くの保護者の皆様にご覧いただき、とても嬉しく思っています。もちろん、生徒の様子をご覧になりたいというのが一番だと思いますが...。

本日の授業の内容は、ブレーンストーミングを行いました。会社の研修などでも取り上げていることからご存知の方も多いと思いますが、集団でアイデアを出し合うことで発想の誘発を期待するものです。最初に一人ひとりが自分だけでテーマについて考え、その後、グループになってひとりずつアイデアを発表します。このときの約束は、「①話の途中で割り込まない、最後まで聞く、②批判したりバカにしたりしない、③話者の方に身体をむける」という3点だけです。多くのグループが活発に意見を出し、人の意見を聞いてさらにプラスαを付け加えているところも見られました。グループごとの発表は来週となりますので、どんなアイデアが出されているのかとても楽しみです。保護者の皆様もグループで話をしている様子をそばまで近づいて興味深く聞かれていました(全てのクラスではありませんでしたが...)。しかし、保護者の皆様に生徒の発表までご覧いただけないことが残念です。

また、保護者の皆様には授業アンケートを書いていただくのですが、概ね授業の目的を理解していただき、達成度や授業の様子も高評価していただいたようでホッとしております。私も、教員生活のこれからの励みとして頑張っていきたいと思います。