自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > ランチミーティング

学校長の部屋

ランチミーティング

本日、平成27年度第2学期終業式を執り行いました。これで、一年の半分が終わったことになります。これまでの目標の遂行度と達成度を確認し、残り半期へ向けて新たな目標を立てたり修正したりして、さらに前進していくことを期待します。

DSC03591.JPGさて、午前中は終業式・大掃除・クラスHRが行われた2学期最終日でしたが、お昼からは生徒会とのランチミーティングが予定されていました。生徒会本部役員とは定期的にランチミーティングを実施しており、現在の生徒自治における問題点や、行事の進捗状況などの報告を受けたり、学校側の要望を伝えたり、議論をしたりしています。本日は、この夏に行われた「岩手ボランティア」「ソロプチミスト」についての報告と、探究文化発表会・文化祭についての進捗状況の確認を行いました。特に、探究文化発表会・文化祭については、それぞれの部署(総務・バザー・探究企画・文化祭企画・備品・広報・ステージ・会計)ごとの進捗状況がまとめられ、これから秋休みも含めての進め方について報告がありました。生徒の実行委員たちは、悩みながらもテーマである「探究入魂~Next Stageへの改革」を基に企画を具体的にしてきており、本当に良く頑張っています。何がベストか分かりませんが、今できる最高のパフォーマンスを期待したいと思います。

教員側からは、「今年2日間開催(昨年までは1日開催)になり、どのくらいの来場者数を目標にしているのか。本当に多くの人に来ていただきたいのなら、実行委員だけでなく全校生徒に呼びかけて積極的な広報活動をしたほうが良いのではないか」、「模擬店を実施するにあたり、保健所のアドバイスを受けているということだが、代表生徒だけではなく、実際に模擬店を担当する生徒たちに保健所の方から直接講習を受けさせたほうが良いのではないか」という意見が出され、生徒会役員と担当DSC03852.JPG教員のほうでも検討するという回答をもらいました。

良いものを作ろうとするときは様々な角度で考えられるように、こうした話し合いの場はとても大切です。彼らにとっても気づきのあったミーティングになったと思います。これから約1ヶ月。大変だと思いますが、生徒たちの叡智を結集した素晴らしい探究文化発表会・文化祭となりますように。

**********

本日で2学期が終了いたしましたので、本ブログは3学期始業の10月1日まで休載とさせていただきます。

ご了承ください。