自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 明日の対応

学校長の部屋

明日の対応

いよいよ明日より、第2学期期末考査が始まります。授業中に校内を巡回してみると、試験範囲がすでに終わり演習をしているクラスが目立ちました。その中で、1~5年の生徒たちは最後の追い込みと言ったところでしょうか、先生に質問する姿が見られます。一教科一教科を大切に、最後まで全力で取り組むことを期待します。

small[2].jpgさて、期末考査が始まるというのに心配なことが出てきました。それは、台風18号の接近です。気象情報によると9日の午前に紀伊半島から東海地方に上陸するのではないかとのことです。勢力そのものはさほど大きな台風ではないのですが、秋雨前線を刺激することで西日本から関東までに大雨を降らせる虞があるとのことで予断を許しません。最近では竜巻や突風、そして局地的大雨といたるところで自然の猛威が牙を剝いています。今回の台風による影響が最小限に収まることを願うばかりです。

また、本校にとっては期末考査初日ではありますが、生徒の安全を第一に考えHPのバナーにもあるように「緊急時対応マニュアル」に則って対応していく予定です。ただし、路線によっては不通になったりすることもありますので、交通機関の状況も考慮していきます。まずは、明日の朝6:00の段階での判断です。全校生徒家庭への連絡は、HPとJOIN(パスワードが必要)、Fair Cast(子ども緊急連絡網)によって行いますので、本日の帰りには生徒たちに「必ず明日の朝、HP、JOINを確認するように」とSHRにて担任から話してもらいました。

DSC03697.JPG現在考えられるパターンとしては、「①予定通り、②2時間遅れでの登校・期末考査実施、③休校により期末考査を一日繰り下げて実施」の3パターンです。できることならば、①予定通りの日程で期末考査を実施したいところです。しかし、自然には敵いませんから、どのパターンになってもすぐに対応できるよう準備をしています。生徒・保護者の皆様も、慌てることなく落ち着いて対応し、期末考査へ向かう気持ちに影響することのないように願います。

(※本文中の衛星写真は http://www.tenki.jp/ より転用しています)