自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > オーストラリア短期研修へ出発

学校長の部屋

オーストラリア短期研修へ出発

DSC_0531.JPG本日より、第4回オーストラリア短期研修が始まります。学校は31日まで平常授業を実施しますが、参加生徒は今日から3日間公欠扱いとなります。参加者は3年生男子5名女子3名、4年生男子1名女子7名の計16名です。本日1730に成田国際空港に集合となっていますので、みんな今頃(1200)は荷物の最終チェックを終え、そろそろ出発の準備をしている頃でしょう。南半球のオーストラリアは現在冬季にあたり、飛行機を降りるとジャケットやコートが必要なくらいの気候です。また、彼らが滞在するシドニーは日本時間に+1時間ですから、アメリカやヨーロッパのような所謂時差ぼけはありません。

DSC_0537.JPG短期研修の15日間は一人ひとりでホームステイを行い、ホストファミリーの家から学校へ登校することになりますので、本当に自分自身のコミュニケーション能力が試されます。もちろん、登校すると自修館生たちがいますから少しホッすることでしょう。登校してからのプログラムは、時には午後からミニ旅行(遠足)があったりもしますが、基本は午前中自修館生だけでホスト校の先生からオーストラリアの語学・文化・自然を学び、午後はホスト校の授業に分かれて参加となります。

土日はホストファミリーと過ごすことになります。計4日ありますので、積極的に交流を深め2週間後にはお互いが大切な存在になることを願っています。でも、昨年は風邪をひいてホストマザーに心配をかけた生徒もいましたので、まずは健康に十分気をつけましょう。

DSC_0545.JPGこの研修の目的は、『21世紀に「世界の中の日本人」として活躍できる人材を育成する』です。具体的には『①海外研修を通じて「明知・徳義・壮健」の資質を備えた実行力を身につける、②事前・事後における「自学・自修・実践」を通じて将来に生きる世界観を養う、③海外生活を通じてグローバルな視点での英語によるコミュニケーション能力を伸ばす、④多様な価値観や社会環境での経験を活かし、将来の道や生き方、社会との共存について考える、⑤今後起こりうる様々な試練に立ち向かい、解決する強い意志を身につける』というものです。なんだか難しそうですが、昨日の「トビタテ!留学JAPAN」の講演にもあったように、しっかりと自分の目で見て・自分で考え・夢や目標に繋げていってほしいと思います。

期待と不安が入り混じっていると思いますが、ぜひ積極的に異文化体験・交流、コミュニケーションをしてきてほしいと願います。私も見送りのために13:00過ぎには学校を出て成田に向かう予定です。

 

DSC_0546.JPGここまでは見送りに行くまでに掲載しようと思っていたのですが、イレギュラーな予定が入りアップすることができませんでした。ですから、ここからは見送りをしたあとに記載しています。

17:30の集合に全員がしっかりと揃い、幸先良いスタートです。多くの保護者の皆さんも見送りに来られていて、親元をしばらく離れていく我が子を心配している様子が窺えました。荷物を預けた後、いよいよ結団式です。私からは前述したようにDSC_0553.JPGしっかりと自分の目で見て・自分で考え・夢や目標に繋げていってほしい。」と話しました。生徒代表からは、見送りに来られた保護者の皆さんに向けての御礼の言葉と、参加する生徒たちに頑張っていこうという決意表明が語られました。個人的に話していた3年生の男子は「初めての海外なので期待と不安が入り混じってます。それと飛行機が心配です。」と言っていましたが、その顔はとても楽しみという気持ちに溢れているように感じられました。

DSC_0557.JPG出国ゲートに入る前に参加者全員で記念撮影をしたのですが、周りから保護者の皆さんも撮影され、さながら人気アイドルのようでした。

搭乗開始の20:00に引率教員から出発前最後の連絡が入りましたが、全員体調も良いとのことでした。そして、20:30のほぼ定刻に旅立っていきました。一回り大きくなって帰ってくる姿を楽しみにしてます。