自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 「ヨムヨムウィーク」

学校長の部屋

「ヨムヨムウィーク」

本校の夏休みまでちょうど1週間となりました。他校が夏期講習として登校する中、本校は正規授業として出席日数・授業時間数にもカウントし、平常の学校生活を送っています。

DSC_0525.JPGさて、夏休みが近づく中、今年も文化委員会が図書室と協力して「ヨムヨムウィーク」を実施しています。これは、長期休暇に読書をたくさんすることで少しでも感受性を豊かにしてほしいという気持ちから、図書室が「待ちの姿勢」ではなく積極的に貸し出しに打って出るというものです。今回は他の委員会とも関連性を設け、防災をテーマに関連する書籍を移動図書館(移動ラック)に載せ、朝は生徒の登校時に学生ホールで、お昼休みは3階螺旋階段前にて貸し出しをしています。文化委員DSC04268.JPG会は、借りてくれた生徒に喜んでもらえるように今回も手作りの栞をその場で手渡しています。登校して来る生徒の中には学生ホールの移動図書館の前に立ち止まり、本を手にしながら悩む者もいます。普段は図書室に足を運ぶことはなくても、このように登校して来る通路にあれば、ちょっと見てみようという気持ちになるものです。

図書室の担当教員からは、4月からここまで図書室へ来室し借りていく生徒が例年以上に多いということです。とても嬉しいことです。さらに、「ヨムヨムウィーク」(移動図書館)でたくさんの生徒が読書に親しむことができるよう期待します。

DSC04269.JPG図書室では夏休み前ということで、一人が一度に借りられる冊数を10冊までとしているとのことでした。また、夏休みは土日を除いて8月3日~10日までの8:00~13:30まで図書室を開放する予定とのことですから、部活動などで学校へ来た際も利用することができます。生徒たちには、若いうち・頭が柔軟なうちに様々なジャンルの本を手にしてほしいと思います。以前このブログで掲載しましたが、私も長期休暇に様々なジャンルの本を買い込んで読破しています。この夏休みには先日芥川賞を受賞した又吉さんの「火花」もその一冊に加えようかと考えているところです。夏休みが終わったときにどのような本を読んだのか、お互いに語り合えるといいですね。