自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > オーストラリア短期研修最終打合せ

学校長の部屋

オーストラリア短期研修最終打合せ

台風11号の影響により、昨日は近畿地方で電車が止まるなどの大きな被害が出ていたようです。3年生の関西FWがあと一日遅かったら巻き込まれていたかもしれません。本当に運が良かったと思います。その台風も過ぎ去り、この連休中には梅雨明け宣言が出されるのではないでしょうか。

DSC04258.JPGさて、本校は7月31日まで平常授業を行ない、8月1日から夏休みとなりますので、本日も平常の土曜日授業です。生徒たちも、それが当たり前になっています。午後からは部活動をしたり、セミナーへ参加したり、オーストラリア短期研修渡航前最終打合せがあったりと、それぞれが自分の予定通りに動いていました。私はオーストラリア短期研修渡航前最終打合せに参加したのですが、あと10日後に迫っているためか生徒たちのワクワク感が伝わってくるようでした。渡航についての注意があったり、ホストファミリーの家族構成などの情報が伝えられたりと自分で意識をすべき点が多数あるため、生徒たちは普段に増DSC04259.JPGして話を聞こうとしていたように思います。保護者の皆様も同席していただいたのですが、生徒とは違いどこか心配・不安という顔をされていましたので、「可愛い子には旅をさせろといいますね。明るく送り出してください。」と話しました。

この短期研修へ参加するのは、3・4年生の希望者たちです。5年生で海外FW(USAコース・EURコース)に学年全員で行く前に、もっと早く海外を見てみたい・感じてみたいという生徒たちのために作られたプログラムです。今回で4回目となり、行程もほぼ定まってきていますので安定感が出てきています。もちろん、生徒たちは初めての者が多いため緊張していますのIMG_0936.JPGで、一人ひとりをしっかりと見ていかなければならないのはこれまでと同じです。まずは安全第一で気を抜かずに行ってきてほしいですね。

2週間という期間が長いか短いかということは、参加した生徒たちが感じることです。ホームシックもそこそこに積極的にコミュニケーションをとり、有意義な時間を過ごし、あっと言う間の2週間だったと感じられるように祈っています。そして、ホストファミリーをはじめ、現地ホスト校の多くの生徒たちと交流し、これから長く付き合っていける関係を築いてきてほしいと願います。