自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 制服衣替え 移行期間

学校長の部屋

制服衣替え 移行期間

DSC_1921.jpg本日、5月11日は制服衣替え移行期間開始日です。私や保護者の皆様が子どもの頃は、衣替えと言えば6月1日と10月1日に決まっていたと思います。私は公立の中高でしたので、学ランスタイルでした。今の季節であれば衣替えになる前に暑ければ脱いで手に持ち、寒ければ着るという状況でした。そして、6月1日が過ぎれば寒い日があっても我慢して半袖シャツで登校した思い出があります。

今は5月や10月でも夏日になったりしますから、昔のように少しぐらい我慢しなさいとは一概に言えなくなってきていますのDSC_1937.jpgで、このような移行期間を設けるようにしています。今日から6月15日までは、夏服でも冬服でもどちらを着ても大丈夫です。その日の気温や天候に合わせて自分で判断します。しかし、この移行期間では冬服と夏服のどちらを着ても良いのですが、着合わせはダメということになっています。初日の今日は7:3の割合くらいで冬服を着ている生徒が多かったように思います。1年生は初めての移行期間のためか、周りの様子を窺っている生徒が多かったように感じました。上級生たちは冬服を好む傾向があり、移行期間が終わる6月15日ぎりぎりまで夏服DSC_1928.jpgにならない生徒も毎年見受けられます。今年は6月15日が1学期の終業式のため、実際には14日までが移行期間となります(1学期の終業式は全員夏服となります)。

生徒の移行期間突入に合わせて、我々教職員もクールビズが開始されました。とは言うものの、本日はこれまで通りネクタイ着用の教員も多く見られました。絶対にクールビズにしなければならないということではありませんので、個々の教員の判断に任せています。約束事は、教員として品位を保つということです。そこは、しっかりと押えておかねばなりません。

これからの移行期間のあいだに来校される皆様は、生徒も教員も自己判断にて服装が違いますが、だらしない格好はしていないはずですのでご理解ください。