自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > いよいよ年度の終わり

学校長の部屋

いよいよ年度の終わり

平成26年度も残すところ、今日と明日のみとなりました。

DSC03591.JPG生徒たちは1年間過ごした教室の大掃除をしています。もうすぐ、教室やロッカーの位置もひとつ上の学年の場所へと変わります。1年前は「前のクラスのほうが良かった。」とか、「友達が別のクラスになって、友達がいない。」などと言っていた生徒たちも、1年間の成長をお互いに確認しあい、明日の終業式に臨み、「このクラスで良かったね。」と話すことでしょう。

年度を終えるにあたり、4月に立てた個人目標・クラス目標がどれだけ達成されたか興味のあるところです。今日・明日で各クラスの担任もこの一年間の目標に対する思いを生徒たちに伝えることでしょう。自分だけでは分からないこDSC_6835.JPGとが、お互いに話し合うことで確認できることはたくさんあります。人生にはこうした節目があることで自分を振り返り、これからの自分の行く道を考えることができるのだとも思います。ぜひ、明日はみんなで考えてみてください。

また、明日は年度の終了とともに、3年生にとっては前期課程修了の日でもあります。これは、義務教育課程が終わることを意味します。3年生たちは、ここまで通わせてくださった保護者の皆様に感謝の意を表してほしいと思います。普段なかなか言えないものですが、この節目だから言えると思います。そして、そこから新たに後期課程へ向かって踏み出していきましょう。

それでは、明日、全員が揃って気持ちよく年度を終了できるようにしたいと思います。