自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 黒板消しのリニューアル

学校長の部屋

黒板消しのリニューアル

P1020518.JPG毎年、この年度末の頃に生活委員会の呼びかけで行われることがあります。それは、それぞれの教室で使われている黒板消しのリニューアルです。最近はホワイトボードを使って板書をする学校も増えているようですが、本校はホームルーム教室の全てで黒板を使用しています。毎時間ごとにクラスの日直や係の生徒が黒板を綺麗にするため、消耗の度合いも激しく、1年間使用していると布の部分が切れてきたりします。皆さんは、この黒板消しを修繕したことがありますか。本校では先に述べたように、生活委員が物を大切に使うという観点から黒板消しのリニューアルを実施しています。

P1020519.JPGこの作業は、黒板消しを一度分解し、黒板を消す部分の布を交換してから元の形状に戻すというものです。1クラス2名の代表生徒がクラスの傷んだ黒板消しを持って理科実験室に集まり、生活委員の指示に従って工程を進めていました。以前は教員が指示を出したり手伝ったりする姿があったのですが、今回は先輩たちがやり方の分からない下級生に教えながら、全て生徒だけで完結したと報告を受けました。昨日だけで44個の黒板消しが蘇りました。そうしてリニューアルされた黒板消しを各クラスへ持ち帰り、代表生徒がクラスのみんなに報告しながら物を大切にしようと訴えます。

明日は、登校する時間を利用して遺失物の公開も予定されています。物が溢れている時代ですが、それでも物を大切にする気持ちをしっかりと持った人になってほしいと願っています。