自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 笑顔がいっぱい

学校長の部屋

笑顔がいっぱい

日中は陽射しも暖かく、午後から始まった「家族スポーツ親睦会」も、のんびりほのぼのとした雰囲気で競技が進められました。

IMG_1097.JPGソフトボール4チーム・バレーボール4チーム・卓球9名・調理&応援多数という状況です。チーム編成は学年の生徒で集まり、そこに保護者の方や教員が入るという形式をとりました。どの競技の生徒も保護者も教員も、みんな笑顔が溢れていました。ソフトボールでは、普段応援している立場の野球部のお母さんたちもこのときとばかりに一緒にプレーされ、声をかけあったりハイタッチをしたりして、楽しさを共有しているようでした。教員たちも普段なかなか身体を動かすことがないせいか、とても楽しそうに和気藹々とプレーしていました。もしかIMG_1136.JPGしたら、教員が一番はしゃいでいたかもしれません。そして、珍プレーが一番多かったのも教員だったのではないでしょうか。

バレーボールも白熱した試合が続きました。お母さんの中には本格的にやっていたのではないか、今もママさんバレーをやっているのではないかと思わせるような素晴らしいプレーをされる方もいらっしゃいました。子どもにとっては、きっと自慢のお母さんだと思います。バレーには応援のお母さんたちも大勢いらっしゃったのですが、本当にお子さんのことが大好きだとDSC_0111.JPGいうことを感じました。あれだけ声援をされれば、子どもたちも嬉しかったことでしょう。

卓球は個人戦だったのですが、こちらにもあきらかに経験者という保護者の方がいて、卓球部の生徒にも勝ってしまっていました。生徒は少し複雑な表情ではありましたが、まだまだ力がないと感じたのではないでしょうか。親睦というより、真剣勝負という言葉のほうが相応しかったかもしれません。

調理では、ピタサンドというものを作っていただきました。これは、ナンのようなものの中にキャベツの千切りと炒めた肉をDSC_0136.JPG入れたサンドウィッチというのが分かりやすいのではないかと思います。全てのプレーが終了し、小腹の空いたところで、閉会式までのあいだに美味しくいただきました。本当にありがとうございました。

5年生たちは、来年大学入試のため家族スポーツ親睦会に参加できないかもしれませんが、1~4年生はまだこれからも機会がありますので、ぜひ今後も参加してほしいと思います。5年生の保護者の方の中には、ここまで皆勤賞という方が数名おいでになり、「来年は子どもは受験だけれど、自分は参加してもいDSC03690.JPGいですか。」と笑顔で話され、お帰りになりました。ぜひ、参加していただければと思います。

ハッスルされた保護者の皆さん・教員たち、2~3日筋肉痛が残るかもしれませんが、心地良い痛みと思って耐えましょう。生徒たちは、きっとどこにも痛みが出ないと思いますので、お父さんお母さんのマッサージをぜひしてあげてください。頼みます。

本当に楽しいひとときを過ごすことができ、親睦を深められたことと思います。参加された全ての皆さんに感謝いたします。

IMG_1223.JPGIMG_1220.JPG