自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > まとめの季節

学校長の部屋

まとめの季節

CIMG0615.JPG4学期も残すところ1ヶ月となってきました。本日、放課後に職員会議があったのですが、確認事項のなかに3月3日の卒業式の要項が含まれており、残り少なくなってきていることを改めて感じたしだいです。卒業式が終わると学年末試験があり、そのあと1~4年生はスキー教室へ、5年生は次年度へのガイダンス等が行われ、あっという間に年度の終業式を迎えるのが毎年のこととなっています。この間、とても慌しいのですが、きっと生徒たちは次年度(次学年)へむけて今年度を反省してくれることでしょう。

しかし、こうして年度末を迎えてまとめを行うのは生徒たちば自修館写真_ (50).JPGかりではありません。我々教員もこの1年間を振り返り、個人目標・学年目標・クラス目標・教科目標・部署目標などの達成度を自己評価し、上席者(主任等)の評価を受けます。それをもとに、1月中旬から約1ヶ月間をかけて全教員が私との面談を実施します。これは教員一人ひとりの自己評価ではありますが、大切なことは生徒との面談同様、いかに次に繋げ成長していくことができるかという点にあります。本校の先生たちは本当に真面目で責任感の強い方が多いですから、自分に対する評価も「まだまだやれることがある。」と厳しく、今年度をしっIMG_5579ara.JPGかりとまとめることや次年度に向けての課題を聞かせてくれます。私が言うのもなんですが、本当に頑張っている教員が多いです。各自の目標については、誰しもやらねばならないこともありますが、自分から求めて行うことのほうが意欲が沸くものですから、年度当初に私からの希望と期待を伝えたのちにご自身で考えてもらっています。

生徒たちは、先生たちも自分を振り返って自己評価しているということをあまり知らない・考えたこともないと思いますが、常に生徒たちのこれからを考えて行動し反省をしているのです。ですから、これからも「共学共歩」で頑張っていきたいものですね。