自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 気持ちを込めて

学校長の部屋

気持ちを込めて

本校の平成27年度入学試験も天候に恵まれ、2月3日に無事終了いたしました。

DSC03593.JPG多くの受験生、そして保護者の皆様には本校を受験校としてお選びいただき、本当にありがとうございました。受験であっても自修館らしさをお伝えしたいと、教職員そしてお手伝い生徒が同じ気持ちでお迎えしたつもりですが、いかがでしたでしょうか。中学入試はご縁でもありますので、他校へ進学される方にも本校を受験して良かったと思っていただければ幸いです。また、ご縁があって本校へ進学を決めてくださった皆様には、そのお気持ちにお応えすべく6年間かけて誠心誠意ともに歩んでまいる所存です。手続き期間は1次手続きが2月7日まで、2次手続きが2月10日までとなっており、まだ少し期間が残っておりますが、現在制服採寸やプレスクールの準備を着々と進めているところです。どうぞ、安心してお任せください。

さて、この入試期間には毎年のことですが、今年も家族旅行などの旅行届が何枚も提出されておりました。中には友達の家族同士でスキーなどというものあり、家族ぐるみの親交を深めるDSC03591.JPGことができていたことでしょう。旅行をしないまでも友達と出かけた生徒も多かったことと思います。首都圏の中学入試はほぼこの期間に集中するため、ディズニーランドなどの行楽地は私学の生徒が大勢押し寄せると以前に聞いたことがありますが、今年はどうだったのでしょう。本校の生徒もその中にいたのではないでしょうか。しかし、大学受験真っ只中の6年生はそのようなことをしている場合ではありません。昨日の生徒休校日にも学校で勉強しようと、登校してきている生徒もおりました。朝、登校してきた女生徒に「おはよう、今日は部活かな。」と、後ろから声をかけると「勉強をやりにきました。明日から試験なので落ち着こうと思って。」という返事が戻ってきました。顔を見てすぐに6年生だと分かり、激励の言葉に換えたのですが、中学入試の小学生だけでなく、大学受験に挑んでいる生徒たちもたくさんいることも忘れてはいけません(決して忘れていたわけではありませんが...)。彼らのことも、心から応援し続けています。

本日より在校生(1~5年生)たちは平常授業に戻りました。天候が気になるところでしたが、入試期間中にリフレッシュできたのでしょう、みんな元気に登校してきていました。やはり、校内には生徒たちの姿・声の響きが似合います。今日からまた、落ち着いた学校生活を送っていきましょう。