自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > ランチミーティング

学校長の部屋

ランチミーティング

本日、お昼休みに生徒会とのランチミーティングを行ないました。3週間に1回くらいのペースで日程をその都度決めて実施しています。第14期生徒会本部役員の任期もあと2ヶ月、こうしてランチミーティングを行なえるのもあと数回となりました。ここまで全校生徒を引っ張り、良く頑張ってくれています。

DSC00258.JPG今回は2月13日実施予定の「生徒会総会」へ向けて、生徒会本部が各委員会(環境・文化・生活・情報)と各行事実行委員会(スポーツ大会・合唱コンクール・探究文化発表会)の状況を確認し、その報告をしてくれました。すでに来年度へ向けて動き始めているところもあれば、まずは年度をまとめることに力を注ごうというところもあります。報告を受けて教頭からは「今年度活動してきて委員会の仕事量と人数は適切だったか。」「同好会の活動は、月に一度生徒会本部が確認することになっているがどうであったか。それも総会で報告すべきではDSC01302.JPGないか。」という質問・意見が出されました。生徒会会長からは「仕事の内容にもよりますが、今年度の人数は適切であったと考えます。」「同好会についての報告を総会資料に入れることを検討します。」という話がありました。

このほかには、本校生徒会本部(14期・次期15期)の呼びかけで兄弟校である向上高校生徒会本部とのランチミーティングが実現したことも報告されました。これまで表敬訪問をしたことはありますが、食事をしながらの顔合わせは初めてです。その中でお互いが自己紹介を行ない活動内容を報告したところ、本校の生徒会が最近登校時の挨拶運動をおこなっていることに向上の生徒会が共感し、今朝いっしょに挨拶運動を実施したとの付け加えがありました。確かに、今朝私が生徒たちを迎え入れているとき、自修館と向上の生徒が並んで挨拶をしている姿があり、向上の生徒会役員が私にも挨拶をしてくれていました。生徒たちがお互いの活動について関心を示し交流を持つことは悪いことではありませんので、本部を中心に今後も積極的に話し合いをしてほしいと思います。今後は、委員会の活動を見学させてもらうという約束になっているそうです。

毎回、ランチミーティングでは生徒会からの様々な話しを聞くことで現状がわかり、私たちの考えも伝えることができるため、有意義な時間を過ごすことができています。今後もいっしょに良い環境を作っていきたいですね。