自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 探究ゼミ内発表 Part2

学校長の部屋

探究ゼミ内発表 Part2

本日は2学期期末考査の一週間前となります。そのため、大会がある部活を除いて原則は部活動禁止期間に入りました。これまで部活動が忙しくてなかなか質問に来られなかった生徒たちは、ここからが勝負だと思っていることでしょう。ぜひ、全力を尽くして欲しいと願います。

DSC04365.JPGさて、考査一週間前最後の水曜日ということで、探究の授業も2学期最後となりました。先週に引き続きゼミ内でのプレゼンテーションが多くのゼミで繰り広げられています。今回もいくつかのゼミにお邪魔してプレゼンを見学させてもらいました。どの生徒(2~3年生)もパワーポイントを駆使して持論を展開しており、とても興味深く聞くことができました。その中に、携帯電話について発表した3年生男子がいたので紹介します。まず、携帯電話を持っている人・持っていない人の日常生活について、「携帯電話(スマホ等)を持っている人は、いつでも自分の調べたいこと・知りたいことを調べることができたり、DSC04368.JPGいつでも友達と話したりメールをしたりすることができるが、持っていない人は、電話も家の電話でするか、公衆電話を探してするしかない。とても不便である。」と、一般的な話をしていました。しかし、そのあとで面白かったのは、「持っていない人は暇を持て余す」という点でした。彼らの感覚では、暇なときに携帯電話を操作しているのが当たり前のようになっているように聞こえます。私は携帯電話を持たない学生時代を過ごしていましたので、暇なときには本を読んだり、身体を動かしたりと何かしら行っていたと思います。でも、今の生徒たちの暇なときの過ごし方は、多くが携帯を操作しているということDSC04371.JPGのようです。その後、携帯電話のメリット・デメリットを発表していたのですが、話を聞いていると生徒たちの日常生活に携帯電話は深く入り込み、彼らは携帯電話に振り回されているのではないかと今更ながらに感じたしだいです。生徒たちには携帯電話をツールとして適切に使用してほしいと願います。こうして探究のテーマで調べている生徒の内容を多くの生徒にも聞かせたいところです。

他にも、たくさん興味を引くテーマの発表が行われましたので、秋休みが終わる頃にはゼミ代表が決まるのではないでしょうか。ゼミ代表が決定したところで、本選出場をかけてさらにDSC04367.JPG予選が行われます。どの生徒も各ゼミの代表というプライドを持って参加してくることでしょうから、楽しみにしていたいと思います。