自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 関西FW2日目

学校長の部屋

関西FW2日目

今日も朝から快晴の京都でした。毎年のことですが、朝は西本願寺の鐘の音で目が覚めます。生徒たちにも聞こえていたと思いますが、どうだったでしょうか。

DSC03954.JPG体調不良者もなく朝からしっかりと食事を摂ることができていたので、今日も元気に活動できそうでホッとしました。京都まで来て体調不良でみんなと一緒の行動が取れないのは残念ですからね。2日目の今日はグループフィールドワーク(GFW)です。グループは昨日とは違い、探究のテーマ(カテゴリー)が近い生徒がまとまっています。そして、テーマに即して事前に企業や大学などにアポイントメントをとり、ルポルタージュ活動を実施します。場所的にはエリアを関西に広げていますので、兵庫や大阪まで足を延ばしたグループもありました。いくつか紹介すると、ミズノ株式会社・京セラドーム・京都医健専門学校・関西国際DSC03964.JPG空港・京都大学医学部・近畿大学医学部病院・海遊館・明治製菓・レゴランド大阪・大阪市立科学館・京都三条ラジオカフェなどあります。このほかにもまだまだたくさんの場所を訪問していました。それぞれの場所で多くの方から説明を受けたり、実体験をさせていただいたり、大学教授から白熱した講義を受けたりと、普段ではなかなか体験できないような経験をさせていただき、生徒たちも満足して旅館に戻ってきました。なかでも、京都三条ラジオカフェという民間のラジオ放送局に行ったグループは、実際に自分たちの声を電波に乗せて1分間の学校(自修館)紹介をさせてもらえました。アポイントの段階から分かっていたIMG_3427.JPGため、私もその時刻にスマートフォンで聞いていたのですが、とても上手でまるでアナウンサーのような滑らかな語りで感心しました。

また、関西国際空港に行ったグループは、空港の様々な役割を説明されただけでなく、実際に点検中の飛行機やヘリコプターのコックピットに乗せてもらえたり、空港に常駐する海上保安庁の救急活動も体験させてもらえたりと、とても有意義な時間を過ごすことができていたとのことでした。また、午後から伝統工芸体験を選んだグループもあり、扇子作り・八ツ橋作りなども実施してきていました。

夕方になって、本日もなんと卒業生(2期生)が旅館に来てくれました。昨日の8期生が旅館を訪問してくれたことが同窓会のFacebookに紹介IMG_3465.JPGされ、懐かしくなってきてくれたとのことです。現在、ドクター修得のため大学院へ通っている彼女ですが、これまでに本校で教育実習を実施したり、部活動に参加したりしていたこともあり、15期生の中にも顔見知りの生徒がいて、びっくりしていました。昨日同様、夕食前に生徒たちに紹介し、こうして繋がっていることを感じてもらいました。でも、今更ながらですがFacebookの影響力は大きいと痛感するところです。

夕食後には、恒例の祇園祭宵宵山体験です。浴衣に着替えてメイン通りの歩行者天国になっている四条通りへ繰り出します。グループ行動ですが、たいへんな人ごみですのでちょっと離れると分からなくなるほどです。毎年、数名が班から離れてしまい、チェックポイントへ戻ってDSC03982.JPGきます。しかし、今年15期生は戻ってきたのは一人だけということで、しっかりと逸れず最後まで協力して楽しむことができていたようです。日本三大祭りにこうして参加できることは、きっと思い出としていつまでも残ることでしょう。

ちなみに、本日来てくれた2期生の先輩は、「私たちのときだけ宵山へ出かけなかったんですよね。2期生で集まるとよくその話になります。」と言っておりました。2期生のときは、日程の都合上、宵山のときに京都へ来ることができなかったんですね。事情は分かってくれていましたが、今でも残念そうにしている姿を見て、申し訳なかったなと感じています。

DSC03996.JPG明日は、最終日です。台風の進路や影響が気になるところですが、GFWの京都寺社仏閣めぐりですので、なんとか実施できるよう願うところです。