自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 2月も半ばに

学校長の部屋

2月も半ばに

DSCF9588.JPG2月も中盤に差し掛かり、梅の開花も聞こえ始め、本日は3月上旬の陽気ということもあり、今年は春の訪れが早いのではと感じます。しかし、昨年はこの時期から2度の大雪に見舞われていますから、備えだけはしておく必要があるでしょう。

この季節になると、学校では迎える準備と送り出す準備を同時進行でおこなっています。昨日は、入学予定者の制服採寸を本校の体育館にて執りおこないました。期待と不安を抱えながら保護者とともにやってきた彼らの顔には、まだまだあどけなさが残ります。私も入口に立ち、一人ひとりに挨拶をしながら「責任は重大だけれども、4月からいっしょに頑張っていこう。」と心の中で誓っていました。

DSC00506.JPG一方で、今日の放課後には大学受験真っ只中の6年生たちの卒業を認定する「卒業判定会議」を全職員参加によりおこないました。過去には何時間も審議されたケースもありましたが、この11期生は審議対象となる生徒がひとりもおらず、ものの15分ほどで全会一致により全員の卒業認定がされました。6年生たちはこれからもまだまだ受験が続いていくため、実感はないと思いますが、3月3日の卒業式はあと2週間ほどに迫ってきています。少しずつ朗報が届いてきておりますので、最後に納得感を得られ、卒業式に笑顔が溢れていることを楽しみにしていたいと思います。

行く者、来る者、みんな自修館生です。我々教職員一同、一人ひとりのことを大切に考え、この時期を滞りなく過ごしていきたいと思っています。