自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 第17期生 入学式

学校長の部屋

第17期生 入学式

本日、4月5日、第17期生入学式を挙行いたしました。それと同時に、いよいよ平成27年度がスタートです。

DSC03762.JPG朝から小雨の降る天候でしたが、かえって式典がより締まったように感じられました。

新入生入場のアナウンスでステージ上から一人ひとりが姿を現し、会場の拍手の中、座席に向かいます。その様子は制服に着られているようにも見え、より初々しさを醸し出しているようでした。そんな彼らを見ていると、これから6年間かけて自修館生にしていく責任をとても強く感じ、身の引き締まる思いでもありました。保護者席では、我が子の入場の一瞬を逃さまいとステージにカメラを向けるお父さん・お母さんの姿が見られ、たいへんだった親子の入試を感じずにはいられませんでしDSC04766.JPGた。

入場のあとは、一人ひとりに入学証書を手渡しました。一人ひとりの名前を呼びながら手渡していったのですが、学校説明会のときに出会っている生徒がたくさんおり、本校に自分たちの将来を託してくれたのだと思うと、本当に嬉しくなりました。

校長挨拶の中では、生徒たちに「①夢・目標をしっかりと持とう、②夢・目標は逃げたりしないから努力しよう。③周りと協力していこう。」という内容の話をしました。そこに夢を叶えようと頑張っている卒業生の事例をあげ、自分たちもきっとでDSC05009.JPGきると感じてもらいました。その先輩の話とは、先天性の聴覚障害を持った卒業生が本校の6年間で苦労したけれど夢を叶えようと人一倍努力し、看護の道へ進むため大学へ進学し、この3月には国家試験に合格したというものです。おそらく全国でも例がないのではないかと思います。それだけ頑張っている先輩がいるのだから、君たちにもきっとできる、6年間で夢・目標を叶えていこうと告げました。参列した在校生(2・3年生)たちには、1年次にセルフサイエンス(SS)の授業でこの頑張っている先輩の話を私がしていましたので、話が繋がっていDSC05214.JPGたはずです。新入生だけでなく、在校生たちの意識改革になればと願います。

式終了後には雨もやんでおり、校内三箇所の「入学式」看板の前には家族記念写真撮影の列が長く伸びておりました。写真に納まる全ての顔には笑顔があり、今日の良き日をしっかりと心の中にも刻み込んでいたことでしょう。

これからの6年間はとても長く、子どもが大人に大きく変わる時期です。山あり谷ありではありますが、苦しいとき辛いときに今日の写真を見返すことで生徒も保護者もきっと乗り越えてDSC03772.JPGいけるはずです。

さあ、ここからがスタートです。いっしょに頑張ってまいりましょう。