自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 1年生オリエンテーション1日目

学校長の部屋

1年生オリエンテーション1日目

昨日からの雨もあがり、1年生の中に晴れ男、晴れ女がいるのではと思うほどです。 今日から2泊3日のオリエンテーションが始まりました。場所は山梨県北杜市を拠点にフィールドワークで様々なところを訪問します。このオリエンテーションでは、探究の基礎作りとチームディベロップメント学習を行うこと、お互いを理解することが目的です。 生徒たちは、朝7時30分に学校に集合しました。元気に挨拶をし3時間の旅に出かけて行きました。私は彼らを見送り、校務を済ませて12時に遅れて学校を出発しました。 昨日の天気予報ではかなり寒くなるのではと思っていたのですが、北杜市に着いた時には上着をきていると汗ばむほどになっていました。私がオオムラサキセンターに着いた時、生徒たちは現地のスタッフにセンターの周りの自然について説明を受けていました。土の中の様子、針葉樹と広葉樹の違い、年輪はどうしてできるか、この水はどこから来ているのか、この木の穴は何など、情報として聞くことと情報を基に考えることが繰り返されながらの散策です。生徒たちはこの情報をこれからの班活動で活かすことになりますので、どのようにまとめていくのか楽しみです。 その後ホテルに戻り、これからの班行動をするにあたり、どのような班にしたいのかを話し合いました。テーマについてまとめていくわけですが、そのためには班がどのような状態になることが望ましいのか班全員で意見を出し合うのです。全員にその意識があることで、明日からの班活動の充実度が変わります。そして、そのまとめを他の班の前で発表することにより自分たちの決意を固めました。班の方針が決まったらいよいよテーマ決めです。テーマはカテゴリー別に「環境」「科学」「地域社会」となり、その中で細かく分かれています。環境には、「自然□エネルギー」「環境がつくること、環境をつくること」、科学は「技術の先にあるもの」「□をめぐる冒険」、地域社会は「私たちの生活と□」「つながりから生まれるもの」となり、班ごとにひとつ選びます。選び方は抽選です。それぞれの班のテーマが決まったところで、本日の活動は終了です。 明日からはテーマに沿った本格的なフィールドワークが始まります。今日はほとんどの生徒が夕飯もしっかりと食べることができているので、疲れも取れて明日も元気に活動してくれることでしょう。明日からのまとめが楽しみです。 (※本日、パソコンの調子が悪く画像の挿入がうまくできないため、画像なしとなります。申し訳ありません)