自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 期末考査の結果をうけて

学校長の部屋

期末考査の結果をうけて

DSC02986.JPG本日も期末考査の答案返却日となります。生徒たちにとっては自分たちの努力が形となって返ってくるときですから、きっとドキドキしているのではないでしょうか。しかし、ドキドキしているのは生徒たちだけではないのです。我々教員も、自分の指導してきた生徒がどれくらい理解しているのかを知るときでもあるからです。そして、その情報を教員間で共有するための成績会議が開かれます。この成績会議は時間を区切って学年ごとに行われ、その学年に関わる全ての教員が出席します。そして、そこで授業の進め方はどうだったのか、シラバスどおりに進んでいるか、ポイントは絞れていたか、考査問題は妥当だっDSC03178.JPGたか、正答率などからどのように分析しているかなど、年間の目標や学期・単元の目標に照らし合わせて確認します。我々教員も自分本位の見解だけではなく、周りからの客観的目線での指摘も受けます。

そうして、今後どのように指導していくかというポイントなどを学年に関わる全ての教員で確認するわけです。ですから、担任も各教科で具体的にどのような指導がされてきて、これからされていくのかを掌握できますので、生徒への指示が教科と変わることはありません。

明後日、2学期が終了します。生徒は秋休みになりますが、担任はこの成績会議の話なども含めてクラスの保護者全員と一人ひとり面談を行います。少しでも学校と家庭の様子をお互いに理解し、生徒に対する目標・対応の仕方などを共有していき、安心していただくとともに、しっかりとタッグを組んでいく機会としていきます。

鉄は熱いうちに打てといいますので、学校と家庭で情報をしっかりと共有し、生徒へ向かえることが大切ですね。

(※右上の写真は7月に行ったレシテーションコンテストの優秀者です)