自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > SSの授業

学校長の部屋

SSの授業

Hydrangeas.jpg今年度、私にとって木曜日はSS(セルフサイエンス)の授業の日です。昨年度は金曜日でした。1年生の全クラス(4クラス)の授業をこの日1日で行います。
本日は、「気持ちの伝え方」について考えました。そもそも、自分の感情・考え・意見を伝える方法は大きく分けると3種類あります。それは、皆さんもご存じのように「言葉・文字・表情」というものです。では、この3種類の伝達力はどのようなものかを知っているでしょうか。これは、言葉38%・文字7%・表情55%と言われています。アメリカの大学教授のメラビアン博士が調査し発表したことからメラビアンの法則と言われます。以前、警察の方の講演でも取り上げられていました。そのとき、警察の方が「この割合を知っている人は。」と会場に質問され、その後私に尋ねられましたので、もちろんしっかりと答えました。なぜ知っているのかという表情で、少しびっくりされていましたが・・・。

今回はこの3種類の中から表情を取り上げ、生徒たちに考えてもらいました。表情は非言語(ノンバーバル)ですから、ノンバーバルコミュニケーションと言われます。生徒たちはペアになり、お互いが顔の表情を作り相手の状況を当てあったり、ワークシートを行ったりと、普段はあまり意識をすることなく使っている表情について改めて認識することができたことでしょう。
来週も継続してノンバーバルコミュニケーションについて授業を行っていきたいと思います。