自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 便利なものの危険性

学校長の部屋

便利なものの危険性

本日、前期課程生は3学期期末考査を終了しました。手ごたえのあった生徒も、残念に思っている生徒もひとまずはゆっくりしてほしいと思います。そして、『鉄は熱いうちに打て』と言いますから、必ず振り返りをしてください。

後期課程生は明日まで考査が続きますから、最後まで集中していきましょう。

 

DSC00784.JPGさて、皆さんはパソコンを使っていて困ったことはありますか。私は今日その体験をしました。本校は、教職員に1台ずつノート型パソコンを貸与しています。会社でいう社内メールで教職員同士が連絡を取りあったり、生徒・保護者とのメールのやり取りをしたりします。もちろん、授業などのプリント・資料、テスト問題も作成します。とても便利で使用頻度は高く、毎日当たり前のように向き合っています。ところが、本日私のパソコンがフリーズして動かなくなり、一日の仕事が一瞬にして滞ってしまったのです。できることは何度も行ってみたのですが思うようにならず、時間ばかりが過ぎてしまいました。気DSC00262.JPGがつくと1時間が経過しており、会議への提出資料もプリントアウトできず、気持ちばかりが焦ってしまいました。私は、いつも資料やパンフレットなどへの挨拶文を頭の働きの良い朝一番に考えようと決めています。学期末ですから、いくつもの挨拶文を依頼されており、その途中のファイルも開くことができず、仕事になりませんでした。ミニ説明会が始まる時間が迫ってきたため、保護者の皆様にご挨拶をしてからやり直そうとそのままにしておきましたが、説明会から戻ってくるとパソコンが普通に動くようになっていたのでした。直った理由は分かりDSC01054.JPGません。でも、普段当たり前のように使っていたためにその有難さが分からなくなっていたので、普通に動いたときのちょっとした嬉しさは当たり前でないことを教えてくれました。

とても便利な物なのですが、そこに頼りきってしまうことがいかに危険であるかも再確認したできごとです。また、仕事をするうえでは、このようなことも予測して対応できるようにしておくことも必要であると痛感させられました。皆さんは、どのような対策を考えられていますか。