自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > ラジオの声から考えること

学校長の部屋

ラジオの声から考えること

DSCF9486.JPGのサムネイル画像今朝、通勤途中の車の中で思ったことがあります。それは、ラジオから流れてくるDJの何気ない一言からでした。「明日、明後日は連休ですね。でも、土曜日が勤労感謝の日のため、いつもの土日のお休みと変わらないですね。日曜日が祝日と重なると翌日がハッピーマンデーになるのに、土曜日が祝日と重なってもならないですよね。これっておかしくありませんか。」というものでした。この放送を聞いていて、私には土曜日がお休みという感覚はありませんから、逆に違和感を覚えていました。私にはハッピーマンデーであっても2連休、明日・明後日のような場合でも2連休です(連休にならないことが多いですが・・・)。確かにハッDSCF9470.JPGピーマンデーは嬉しいですが、土曜日が祝日になったとしても本校の教員は同じだと思うのです。7年前であれば、ラジオのDJと同じように思っていたかもしれませんが・・(6年前より週6日制が始まり、土曜日が授業となりました)。

このDJは、世の中の大半が土日休みであることを前提に話しています。昔であれば分からないでもありませんが、今は多種多様な職業があり、土日に働く人は大勢いると思いますから、ちょっと賛同しかねました。皆さんは、どう思うでしょうか。

 

また、「本日は11月22日で、いい夫婦の日ですね。」という話DSCF9511.JPGもラジオから流れてきました。以前も「~の日」ではなく、「記念日」を大切にするべきと記載しましたので、それほど気にもしていませんでした。しかし、この日に結婚式をあげたり、入籍したりする人が多いと話されると、その人たちにとっては大切な記念日なのだと理解できます。

生徒たちには、記念日ではなくても「いい夫婦の日」だから、お父さんお母さんがいつも仲良くいてくれて嬉しいとか、いつまでも仲良くいてほしい、などと話してみるのはどうかと提案したいですね。親として、子どもからそう言われたらきっと嬉しいのではないでしょうか。それが記念日になるかもしれません。以前JEQ子育てセミナーで、松下先生は「親が仲良くいるのが、子どもの一番の願望です。」と話されておりました。そして、明日の勤労感謝の日も含め、親へ感謝の気持ちを伝えられると、さらに良いでしょう。

 

ふだん、何気なく聞いているラジオ番組ですが、今日はニュースではなく、このようなことが頭に残り、通勤のあいだに考えておりました。