自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 芸術鑑賞会事前学習

学校長の部屋

芸術鑑賞会事前学習

今朝、気温を確認したところ、学校周辺は4℃となっており、11月で一番の冷え込みとなっていました。日中は日差しが暖かく過ごしやすくなりましたが、秋の深まり、冬の訪れを感じられる一日となりました。

 

IMG_9983.JPGさて、本校では芸術の秋に毎年「芸術鑑賞会」を実施しています。本物に触れるということを目的に、これまでミュージカル、オペラ、オーケストラ、歌舞伎、落語などを選んできています。今年度は、来週金曜日に新国立劇場にて、イギリスの劇作家ジョージ・バーナード・ショー原作「ピグマリオン」を観劇することになっています。

毎年、観劇にあたり芸術鑑賞実行委員会(教職員)からは、事前学習のプリントが配布されたり、クラス担任から説明があったりしています。しかし、今年は新国立劇場様のご厚意にて、新国立IMG_9998.JPG劇場演劇芸術監督の宮田慶子氏に「ピグマリオン」について事前にご講演いただく機会を得ることができました。

宮田氏は、翻訳劇・近代古典、ストレートプレイ・ミュージカルなど多方面にわたる作品を手掛ける一方、演劇教育や日本各地での演劇振興・交流にも積極的に取り組まれています。最近では、上川隆也さん主演の「真田十勇士」の演出も手がけられています。これまで数々の賞を得ており、多くの俳優が彼女の演出する舞台に出演することを望んでいるそうです。

 

IMG_0013.JPG本日の6校時、前期課程生(1~3年生)へ向けて宮田氏よりご講演いただきました。芸術鑑賞会そのものは1~5年生の参加ですが、4~5年生は自分たちの受け止める力でしっかりと理解できると判断し、前期生のみお話を聞くことにしました。

宮田氏はとても気さくな方で、生徒たちにも分かりやすい口調とテンポで、観劇のポイントなどを話してくださいました。最後に生徒からは「今の俳優と昔の俳優の違いは。」などと渋めの質問が出され、充実した時間を過ごすことができたようです。

今日のお話を聞くことにより、前期生たちは来週金曜日が待ち遠IMG_0021.JPGしくなったことでしょう。