自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > オーストラリア短期研修説明会

学校長の部屋

オーストラリア短期研修説明会

DSC02236.JPG土曜日の午前中には「創立15周年企画 EQ特別講演会」が開催されましたが、午後からは希望生徒・保護者対象に「オーストラリア短期研修説明会」を実施致しました。このオーストラリア短期研修は、昨年の夏より開始され、来年度で3回目をむかえます。研修の目的は、語学研修は勿論ですが、異文化交流・異文化体験なども含み、人との関わり、触れ合いから感じられることも大切にしています。プログラムは、2週間ホームステイをしながら現地校へ通い、午前中は本校生徒だけでの語学研修、午後からはバディの生徒のクラスで授業を受けたりするというものです。日本は夏休みでも、南半球のオーストラリアは冬であり授業を行DSC02239.JPGっているため、現地校の生徒たちとの触れ合いもとても多く体験することができます。

 

今回の説明会には、来年度実施の現2・3年生に加え、短期研修がどのようなものか興味を持つ1年生保護者の方にも参加していただきました。会議室で実施したのですが、予定した座席では足りなくなり、急遽席を用意するほどの盛況ぶりでした。これほど生徒たちの興味関心があるのも、今年研修に参加した生徒たちからの口コミが大きかったようです。彼らは、帰国後、とても良い経験ができたと仲間たちに話していたそうです。

DSC02241.JPG説明会の中でも、今年参加した生徒から実際に体験した感想を述べてもらいました。2回連続で参加した生徒は、自分が行くたびに積極的になり、とても多くのことを学ぶことができたと語ってくれました。また、今年初参加の女子生徒は、ホームステイの様子・オーストラリアの人たちのこと、訪れた場所など感想すべてを英語で話し、説明会に参加した生徒・保護者を驚かせておりました。実は、彼女は本ブログでも以前お伝えした中学生スピーチコンテストで教育長賞を受賞した生徒です。彼女は「絶対来年もオーストラリアへ行きたい。」と帰国した際に言っていたのですが、その後、来年の同期間にスピーチコンテストの研修としてアメリカへ派遣されることが決まったため、学校でのオーストラリア研修への参加ができなくなってしまいました。でも、せめて説明会では自修館生にその素晴らしさを伝えたいと経験談を語ってくれたのでした。

説明会へ参加した生徒たちの表情には、体験談から頭の中でイメージを膨らませているのが見て取れました。

 

5年生で海外FWに出かけるわけですが、もっと早くに海外へ行きたい、見てみたいという好奇心あふれた生徒たちの希望に応えるためにこのプログラムが始まりました。説明会に参加した生徒たちの中から、自分の器をもっと大きくしていきたいという多くの生徒の参加を期待したいと思います。