自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > ステージプレゼンテーション決勝

学校長の部屋

ステージプレゼンテーション決勝

台風の影響を考慮し、本来は明日実施する予定であった「探究ステージプレゼンテーション決勝(以下プレゼン決勝)」を半日繰り上げ、本日5・6校時に実施いたしました。そして、水曜日の5・6校時の授業は、来週月曜日3・4校時の「探究振り返りの時間」に振り替えることとしました。

 

DSC02048.JPGプレゼン決勝は、予選を勝ち抜いた11組{1年生2グループ+9名(2・3年生)}により行われました。彼らは、先輩(4・5年生)も含む全生徒の前で持ち時間の6分を十分に活かして発表します。ただでさえも大勢の前で話をすることは緊張するものですが、ほとんどの生徒が原稿を見ることなく、身振り手振りも交えながら堂々とプレゼンを行っていました。

テーマは様々で、それだけで興味をひくものも多くありました。たとえば、「私、サメ飼っています」や「地球外FWに行くことって、できる?できない?」など、どのような展開になるのか聴く前から楽しみなものもありました。また、パワーポイントもいDSC02049.JPGかに分かりやすくするかにこだわり、視覚に訴えるものが多数ありました。彼らの作成力は、私には到底追いつくことはできません。

彼らに共通して感じたことは、「テーマに夢を持っている」「真剣に考えている」「できなければ、どうすればできるかと発想の転換がある。」「努力をおしまない」ということです。そしてなにより、彼らが自分の意見・考えとしてしっかりとまとめ、自分自身で理解ができているということです。ですから、聴衆である我々も、「そんな考えがあるのか。次は、どのように繋がるのだろう。」と、自然に引き込まれてしまったのだと思います。聴いている側の生徒たちは自分のプレゼン内容と比較し、どうすればDSC02050.JPG自分の探究がより良いものになるのかを考えていたことでしょう。

 

明日、26日当日のエキシビションへ出場する6組(1年生Ⅰグループ+5名)が決まります。その後、閉会式にて、この6組の中から「最優秀賞」「学校長奨励賞」「優秀賞」が表彰されます。今日発表した11組全ての生徒に賞をあげたい気持ちに駆られるのですが、それができず残念です。

ぜひ、26日には体育館1階Jホールにて行われるエキシビションをご覧いただけますよう、お願い致します。ここに私が記載したDSC02053.JPGことを、きっとご理解いただけることでしょう。