自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 伊勢原市地域学校連絡協議会開催

学校長の部屋

伊勢原市地域学校連絡協議会開催

台風が去り、一気に秋めいた天気となりました。今朝も生徒登校を待ち受けるため生徒玄関前に出ていたのですが、風もあったせいか上着のジャケットを羽織っていても少し肌寒く感じるほどでした。その中でも生徒たちは元気に登校してきています。しかし、さすがに半袖だけで登校してくる生徒はいないようです。

 

_2233647.jpgさて、本校の所在地は伊勢原市になります。私学ではありますが、伊勢原市や市の教育委員会とも様々な点で繋がりをもっています。たとえば、1年生の探究における1日FW(フィールドワーク)を市役所や教育委員会にお願いしたり、青年会議所とのコラボ企画を行なったりしていることがあげられます。そして、本日もその一環として「伊勢原市地域学校連絡協議会」が本校で開催されました。これは、伊勢原市内の幼稚園・保育園・小学校・中学校・高校が縦割りでいくつかのグループとなり、教育に関する連携を深め、情報交換や学校見学などを行なうものです。本校の属しているグループは幼稚園3校・保育園1校・小学校3校・中学校2_U4X8373_ラウンジ.jpg校・高校1校・本校という構成です。私学の中学校課程があるのは本校だけということで、今回グループ内の要望多数となり、本校での開催が決定したのでした。まずは校舎見学をしていただき、その後、本校のカリキュラムや教育の特徴を説明し、これからの連携の仕方等を検討していたようです。私はSS(セルフサイエンス)の授業を行っていたため、最後の反省会の途中からしか参加できなかったのですが、小学校の先生からは「自分が担任をしていた生徒が6年生になり、休み時間にたくさん話をしてくれて嬉しかったです。本当に立派になったと思います。」との言_B3G0218.jpg葉をいただき、こちらも嬉しくなりました。また、公立中学校の先生からは「各クラスにプロジェクターがあることなど、設備面においても環境が整っていて羨ましいかぎりです。」との話があり、私たちには普段当たり前になってしまっていることが恵まれた環境にあることを改めて感じさせられました。

 

私学と公立という違いはあっても、この会へ参加されているそれぞれの団体の方が子どもたちのために精一杯頑張ろうとしている活力を感じることができ、とても有意義な会であると実感できました。

同じ教育者として、これからも切磋琢磨していける関係を持ち続けたいですね。