自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > ランチミーティング

学校長の部屋

ランチミーティング

本校では3~4週に一度、生徒会本部役員と校長教頭がお昼ご飯を食べながら学校生活のことや行事のことなどについて話し合う「ランチミーティング」を実施しています。私は、親御さんが作った生徒たちのお弁当を眺めるのも楽しみにしています。

DSC02011.JPG本日は生徒会からの報告が中心でした。4月に任命され半期が過ぎましたので、生徒会役員たちのあいだで振り返りを行い、選挙の時に掲げた公約をどの程度実行できているかなどを報告書にまとめてきてくれました。また、各委員会や行事実行委員会の現状などの報告もありましたが、生徒会役員として、委員会や行事実行委員会との距離の保ち方が難しいように感じます。どこまで任せどこまで踏み込むかの判断は、リーダーにとって避けては通れない悩みです。彼らもまとめることの難しさを実際に感じながら、少しずつ信頼されるリーダーになっていくことでしょう。

また、探究文化発表会が近くなり、その進捗状況も報告がありまDSC02012.JPGした。進んでいる部署とそうでない部署があり、なんとか2週間後に間に合うよう準備を進めていきたいとの会長の言葉がありました。

この探究文化発表会には、毎年、5年生企画というものが実施されます。これは、探究文化発表会に関わる最終学年の5年生たちが、自修館の文化の継承のためにも独自の企画を行なうものです。現時点でいくつかの企画が提出されているのですが、生徒会役員の話ではまだまだ動き始めたばかりだということですので、こちらも今から間に合うのかが不安なところです。プレッシャーを与えるつもりはないのですが、私からは生徒会役員たちに「生DSC01148.JPG徒主導である探究文化発表会を成功させてください。」とエールを送りました。

 

11月には次期生徒会選挙が行われます。現役員たちが立会い演説にて公約を発表して1年が過ぎることになります。残り半期を後悔の無いよう、思い切って生徒会を動かしてほしいと願います。