自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > オーストラリア短期研修報告会

学校長の部屋

オーストラリア短期研修報告会

今朝、出勤する車の中から通り過ぎていく風景を見ていて、空気がとても澄んでいるように感じられました。きっと、昨日の雨により空気中の埃などが無くなったからでしょう。また、昨日から気温が30℃を下回り、多くの人がホッとする気持ちでいるのではないでしょうか。

 

DSC01932.JPGさて、先週の土曜日には特別講演会のほかに、「オーストラリア短期研修報告会」を実施致しました。保護者の皆様にもお越しいただき、引率教員から実際の行程の詳細な説明や参加生徒の英語による報告、そしてビデオの上映などが行われました。

会に先立って私が挨拶をしたのですが、その際に「楽しかった人」という問いには全員が手を挙げ、「やっぱり我が家がいいなと思った人」の問いにはなかなか手が挙がりませんでした。それだけ、オーストラリアでの生活に良い思い出が多かったということでしょう。中には第2の故郷ではなく、オーストラリアが第1の故郷などと笑って話している生徒もおりました。できれば来年DSC01934.JPGも行きたいと思っている生徒もいるようでした。

保護者の皆様には、「可愛い子には旅をさせろ」と、心配しながらも学校を信じて送り出していただいたことに改めて御礼を申し上げました。

 

その後、生徒のスピーチが行われました。一人ひとりが研修中の思い出を英文にしてきており、それを見ながら全員が順番に発表しました。発表の途中でそのときの情景が頭の中に浮かび上がったのか、声に詰まってしまった生徒もおりました。引率教員からは、「英文を読みながらその状況に感情移入するのは、英語が理DSC01933.JPG解されている証拠。とても素晴らしいことですね。」というコメントがあるほどでした。

保護者の皆様は、発表をしている我が子をご覧になり、行かせて良かったと思っていただけたことでしょう。ある保護者の方は、「行く前は不安もあってか『行きたくない。』と言い出す時もありましたが、帰って来たときには『ものすごく楽しかった。行って良かった。行かせてくれてありがとう。』なんて言うんです。自信が持てたようで、行かせることができて本当に良かったです。」と話をしていただけました。きっと、この10日間、それぞれのご家庭で様々な話がされ、成長を感じられていたことと思います。

 

国際理解教育の一環としてこのプログラムを昨年より実施していますが、彼らのこの経験が来年度以降にさらに膨らみを持たせてくれると確信することができました。

 DSC01935.JPGのサムネイル画像DSC01936.JPG