自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 中体連総体開始

学校長の部屋

中体連総体開始

DSC01704.JPG今日と来週の土曜日は生徒休校です。年間行事予定に定めているのですが、これは中学校体育連盟総合体育大会伊勢原予選会が、2週連続の土日を使って行われるためです。中体連の大会としては最大であり、伊勢原市内中学5校がすべての競技で総当たり戦を行います。この大会へ向けて、先日の2学期始業式にて、各運動部のキャプテンが全校生徒の前で意気込みを語りました。

私も、日頃の彼らの頑張りを応援しようと各競技のスケジュールを照らし合わせ、この2週間の応援計画を作りました。今日は、朝一番に女子バスケットボールのゲーム会場に行きました。私が着くとキャプテンがわざわざ挨拶に来てくれて、その礼儀正しさに感心させられまDSC01706.JPGした。ゲームが始まると一生懸命にボールを追いかけ、全員で声を出していました。お互いに勝ちたいと思って対戦しているわけですから相手も必死です。内容は悪くなかったのですが、ボールへの執着心が相手のほうが上回っていたようで、結果としては勝つことができませんでした。見ている私や保護者の方が悔しいと思っていたのですから、ゲームを行っていた彼女たちはもっと悔しかったことでしょう。頭を切り替え、これからのゲームに臨んでほしいと思います。

その後、卓球会場へ移動したのですが、卓球はその球が軽いために風があってはいけないため、会場はカーテンを締切りドアも閉ざされてDSC01715.JPGいました。今日はそれでなくても暑い日となっていたのに、会場は蒸し風呂状態です。その中でも、各校の選手たちの元気な声が響き渡っていました。この元気を感じるのも中体連の試合の醍醐味です。ちょうど男子の団体戦が行われていたのですが、後期課程の生徒たちが前期課程生のために応援に来てくれていました。彼らは応援後、学校に戻って自分たちの練習を行うと言っていました。暑い中でしたが、後輩たちも先輩たちの応援は心強かったことでしょう。結果は残念でしたが、良く頑張っていました。

 

午後には伊勢原球場に野球の試合の応援に駆けつけました。前の試合が延長戦となり、試合開始時刻が予定より45分遅れていました。球場は日を避ける場所がなく、照りつける太陽をすべて受け止めなければなりませんでした。すり鉢状のグランドレベルでは、かなりの温度になっていたのではないでしょうか。応援している我々がじっとしていて暑いのですから、体を動かしている彼らは相当な暑さを感じていたと思います。それでも、常時風が吹いていたのは助かりました。

ゲームは先制して良いムードだったのですが、暑さのせいでしょうか途中から歯車が狂い始めミスが重なり、そこを相手につけこまれ、修正することができずに崩れてしまいました。中学生は技術よりもメンタル面が大きいといわれますが、今日のゲームはまさにその通りだと痛感しました。彼らも何をしてよいか分からなくなってしまったのではないかと思います。

野球部は応援に行くと、いつも必ず大きな声で全員が挨拶してくれます。私が帰るときにも後ろから大きな声をかけてくれて、本当に爽やかさを感じることができました。明日、次のゲームがあるということですから、気持ちを切り替えてぜひ自分たちの本来の力を発揮してほしいと思います。

明日は、本校が女子バスケットボールの会場となりますので、私も顔を出そうと思います。

運動部の生徒の諸君、明日も全力を出して一生懸命に頑張りましょう!

(野球部の写真は明日のブログと一緒に掲載します。)