自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 答案返却日&保護者の活動

学校長の部屋

答案返却日&保護者の活動

DSC0608.JPG本日から火曜日までの3日間は、1学期期末考査の答案返却日となっています。 臨時時間割を組み、各教科時間をとって振り返りができるようにしています。答案を返し、ポイントはどこだったのか説明を行い、正答率の高い問題・低い問題などを伝え、全体としてのウィークポイントも確認していきます。大切なことは、自分が何をできなかったのか、なぜできなかったのかを考え知り、やり直すことで理解度をあげることです。次に同じ問題を行なったら解答できる自分を作ることです。ですから、この答案返却はとても大切な時間と言えます。生徒たちにも、そこを押えてほしいと思います。

さて、答案返却と並行して保護者のボランティア活動が行われていました。本校にはPTAはありませんが、呼びかけによって様々な活動を行っていただけています。そのひとつとして、本日『雑巾縫いの会(雑巾縫いボランティア)』が開催されました。これは、生徒たちが1年間に学校で使用する雑巾を全校全家庭に呼びかけ雑巾となるタオルを提供していただき、集まったタオル等を本日参加された100名弱の方々が縫ってくださるというものです。黙々と行うというよりも、お母様方はおしゃべりをしながら日常の情報共有をすることも目的としています。上級生の保護者に下級生の保護者が質問をしたり、同級生同士で親睦を深めたりと雑巾もたくさんできあがりましたが、コミュニケーションという意味でも有意義な時間を過ごされたのではないでしょうか。本当にありがとうございました。

その後、全校全家庭に呼びかけて提供していただいた制服等のリユースも行われたようです。今の世界の経済状況とECOの観点からも、リユースという考え方は大切だと思います。 雑巾縫いの会、リユースともに中心となって動いていただいた皆様にも感謝しております。今後も、本校のサポーターとしてよろしくお願い致します。