自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 新年のご挨拶

学校長の部屋

新年のご挨拶

DSC01279.JPG平成25年がスタートして7日が経ちました。
明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

皆さんは、年末年始をどのように過ごされたのでしょうか。生徒たちは、どんな活動をしていたのでしょう。『初詣や初日の出、田舎への里帰り、旅行などをしたのでしょうか。家の手伝いをしたのでしょうか。お年玉はもらったのでしょうか、宿題は終わっているでしょうか。』など、様々なことを考えながら、生徒たちの笑顔を思い浮かべています。

私は、今年も大学箱根駅伝をテレビで観戦し、数々のドラマに感動しておりました。特に、東洋大や駒沢大の前評判があった中で、日体大の快走ぶりには本当に驚きました。それも、今年は予選会からの出場だったわけですからなおさらです。一度シード権を失うと、メンタル面でもなかなか復活することは難しいと思います。それをやってのけたのですから、血のにじむような努力があったことでしょう。この結果は、予選会へ参加している多くの学校にも「やればできる。」という光を見出してくれたように思います。また、本校の生徒たちも感じてくれているといいなと少しだけ思いました。

本日、我々教職員は朝から全員が集まり、一日中研修を行いました。内容は、私の新年の挨拶から始まり、学年会、 10年研修者報告、ICT教育の実践報告(数学・理科・英語)などを行いました。また、外部講師を招いて「メンタルケア」についてのお話をいただき、多様化する生徒との関わり方を学びました。少しでも生徒たちのためになればと、先生方は真剣に臨んでいるのが分かりました。

明日、4学期の始業式であり、生徒たちが登校してきます。きっと、元気な顔を見せてくれることでしょう。今年も生徒・保護者、全ての学校関係者とともに我々教職員も新たな気持ちで頑張っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。