自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 放課後のできごと

学校長の部屋

放課後のできごと

DSCF0189.JPG午前中は雨模様でしたが、生徒が下校する頃には青空も顔を出してきました。
しかし、青空が出てきたとはいえグランドにはいたる所に泥濘があり、部活動を行なえる状態ではありませんでした。陸上部は農道を走り、サッカー部は生徒玄関前で基礎練習を行っていました。生徒玄関前はダンス部もおり、お互いが譲り合いながら活動していました。
野球部はというと、生徒ホールの床を一生懸命拭き掃除してくれていたのです。本校校舎の作りは、生徒玄関から風除室、そして生徒ホールへと続くのですが、本日のような雨の日はどうしても靴や傘の水滴が生徒ホールに垂れてしまいます。生徒たちは、気を配って生徒玄関の外で傘の滴を落として入って来るのですが、それでも多少垂れてしまいます。その滴の跡が、どうしても残ってしまうことがあるのです。
野球部の生徒たちは、これも練習と思って黙々と床を拭いてくれていました。腕がつかれたことでしょう。野球部の監督は「これも練習です。それから、野球部は普段から応援してもらっているから、学校のためになることもしないと。」と言って、生徒たちとともに床拭きをしてくれていました。野球部の諸君ありがとう。おかげで生徒ホールがきれいになりました。

今日の放課後は、グランドが使えなくて不憫ではありましたが、それぞれの部が譲り合ったり、工夫をして練習したりしながら一生懸命に打ち込む姿は、見ていて気持ちの良いものでした。

(※野球部の諸君が床拭きをしてくれているところを写真に収めたつもりだったのですが、撮影できていませんでした。申し訳ないので、野球部の集合写真を掲載します。)