自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 生徒総会

学校長の部屋

生徒総会

DSC01342.JPG昨夜から心配された都心の雪も、神奈川県(平野部)ではほぼ雨となり、朝には日が差してくるほどに回復していました。そして、日中は青空が広がり、気持ちの良い一日となりました。

本日は、40分の短縮授業の後、生徒会本部役員の主催により生徒総会が開催されました。24年度生徒会活動報告・会計報告、25年度生徒会活動計画などが、本部役員や各実行委員長、各行事実行委員長より全校生徒へ話されました。
話者になった生徒たちは、5年生が中心になっており、これまで1年間、学校をリードしてきてくれた学年の代表という意味合いもあり、とても立派に堂々と分かりやすく説明をしてくれました。全校生徒の前で話をするわけですから、きっと緊張したと思いますが、その重責を果たしてくれていました。
分かりやすい説明であったため、しっかりと理解できたのか、全校生徒からは質問はありませんでした。

生徒会長からは、全校生徒へ3つのことを意識していこうという話しがありました。それは、①感謝すること、②挑戦すること、③継続することです。
「①感謝すること」とは、自分たちだけで様々なことができているわけでなく、成功するためには多くの人たちが手を差し伸べてくれていることを忘れないようにしようということ。
「②挑戦すること」とは、自修館も15年目に入るが、向上心を持たず、事なかれ主義になってはいけない。しっかりと自分たちで生徒主導の学校を作っていくようにしていこうということ。
そして、「③継続すること」とは、先輩たちの残してくれたことを引き継ぎ、さらに質をあげ良い伝統を築いていこうということでした。
全校生徒に対し、生徒会長が一生懸命に語っている姿に熱くこみあげてくるものを感じました。

最後に私からは、一昨年岩手へボランティアへ行った先輩が話をしてくれた「自分ひとりの力は微力であっても、無力ではない。」という話を再度紹介し、全校生徒一人ひとりの力は小さくても、結集できれば強力になるのだから、これからもぜひ協力していこうと願いもこめて話しました。

本部役員ならびに各委員長の皆さん、お疲れ様でした。